タグ:しまなみ海道 ( 14 ) タグの人気記事

USHIO CHOCOLATL (ウシオ チョコラトル)向島

Have a break.

尾道市の向島(むかいしま)、
ウシオチョコレート工場に行きました。

c0325278_17130718.jpg

正確には、『ウシオ チョコラトル』。
尾道の対岸、向島の山の上にあります。
http://ushio-choco.com

ナビの設定は、『立花自然活用村』と。
向島の港から、タクシーなら1500円くらいだそうです。

我々は、カーナビの設定が悪かったのか、
とんでもない山道を走りました。

『ここは、農家の個人の道?』
『もっと広い道があるはずよね?』
『これを道というの?』

雑念が浮かびきった頃、着きました。

c0325278_17133946.jpg

まあ、見晴らしの良いこと。

瀬戸の海を船が行き交います。
ウグイスが鳴いています。
静かです。

c0325278_07383422.jpg

店内は若いカップルと家族連れ。
試食させていただいて、好みのチョコレートを選びます。

c0325278_17150830.jpg

c0325278_17163104.jpg
ホットチョコレート(¥530)とカカオミルク(¥500)


ホットチョコレートは、人生で一番美味しい。
車体を木の枝で打ち擦りながら、
来た甲斐がありました。

c0325278_17174889.jpg
ベトナムとガーナ(各¥700)


主人は「ここでキャンプがしたい。」
と、言っていました。

c0325278_17184861.jpg


どうぞどうぞ。
止めませんよ。



☆『USHIO CHOCOLATL 』
広島県尾道市向島町立花2200
TEL;0838-36-6408

(火)(水)はお休みです



[おまけ]

c0325278_20272063.jpg

ズムスタは、いつも赤い!






More
by Taseirap | 2017-07-02 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

向島洋らんセンター

お花を買いに、『因島フラワーセンター』に
行くつもりが、間違えて
『向島洋らんセンター』
に行ってしまいました!

http://www.urban.ne.jp/home/orchids/index.html

はじめのナビの設定から、
間違えてましたね。
(しかも、それに気がついたのは翌朝。)


ま、いいか。

どうりで、微妙に こじんまりしていると思った!
でも、なかなか面白いところでした。

まず、やたらと胡蝶蘭ばかりある。
それも白が多い。(斎場?)

c0325278_15593366.jpg

バブルの頃は、1本1万円といわれる胡蝶蘭が、
3本立てで、13000円。
市価より安い。

丁寧に育てられた感じです。

c0325278_15595762.jpg

送料¥2800で、全国にも送ってくれるそうです。
胡蝶蘭2鉢で、三万円くらいね。


私もカトレアを1200円で。
切った蘭も200円で購入。

c0325278_16003230.jpg


建物奥の芝生広場では、子供たちが走ります。
カフェもある。

c0325278_16010461.jpg

池には鯉。

c0325278_16013538.jpg


隠れ家にぴったり。





by Taseirap | 2017-06-29 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

瀬戸田(生口島)でランチ

生口島(いくちじま)は、レモンの島。
広島県尾道市瀬戸田町です。

「タコ飯を『万作』で食べる。」
と、主人が言います。

どこで習ってきたのだろう?

最近は、地元の情報番組をテレビでよく見ているので、
意外と情報通です。

瀬戸田の有名な観光地は、
『耕三寺』や『平山郁夫美術館』。

c0325278_14455176.jpg
耕三寺は「西の日光(東照宮)」ともいわれ、
お母様を想う個人が建てた浄土真宗のお寺


c0325278_14462665.jpg
平山郁夫画伯は瀬戸田に生まれました



そこを訪れようともせず、一路『万作』へ。

あらま!

お隣は、タコ料理で有名な『蛸処 憩』。
テレビ局も来ています。
そのまた隣は、『ちどり』。
ここも人気みたい。

この辺りは、ご飯やさんが集中しています。

万作の1300円のタコ飯定食は、

c0325278_14470281.jpg

c0325278_14472619.jpg

お昼にはちょうど良い感じ。


瀬戸田の町並みを散策して、島の静かな暮らしに
想いをはせます。

c0325278_14475345.jpg

c0325278_14482135.jpg

c0325278_14484340.jpg

c0325278_14490166.jpg

c0325278_14492650.jpg

c0325278_14500798.jpg

c0325278_14504485.jpg

c0325278_14511417.jpg

c0325278_14515285.jpg

山の上、塔が見えますか?
向上寺の三重塔。国宝です。

永亨4年(1432年)の建立。
和様をとりいれた禅宗様の手法を用いた塔。
各重に火燈型を配し,勾蘭柱及び藁座など異色ある形式となっている。

ー だそうです。






by Taseirap | 2017-06-28 07:30 | Hiroshima | Comments(2)

ある晴れた日に

ある晴れた日に、しまなみ海道の大三島に行きました。

大山祇神社(おおやまずみ)に、お礼参りです。

『効く』神社というと、大変罰当たりですが、
我が家のお願い事を叶えてくださる、
いや、聞くだけ聞いてくださる、
ありがたい神様です。

すぐにお礼の報告をしないといけませんが、
なかなか行けませんでした。

例によって、忠海港から船で。

c0325278_12593471.jpg


ラビット・アイランド(大久野島)に行く
たくさんの外国人観光客を見送って、
船は盛港へ。

道の駅に車を止めて、大山祇神社へ。

c0325278_13000930.jpg


大山祇神社は、今からおよそ2600年位前、
『神武天皇東征』(南九州から奈良方面へ東征した)
に先駆けて、
御祭神 大山積大神の子孫の小千命が、
先駆者として、伊予二名国(四国)に渡り、
瀬戸内海の治安を司っていたときに、
芸予海峡の要衡である御島(大三島)を 神地と定め、
鎮祭したことが、そのはじまりだそうです。

c0325278_13012954.jpg


c0325278_13022338.jpg


大山積大神は、天照大神の兄で、
建国の大神だそうです。

c0325278_13030191.jpg


本殿、拝殿、宝篋印塔(ほうきょういんとう)は、
重要文化財。
隣接する宝物館には、国宝多数。

御神木の楠も美しい、静かな神社です。

c0325278_13033127.jpg


『その節はお世話になりました。』
とだけ言うつもりが、お賽銭を準備するうちに
『あ、5円玉がいっぱいある。
5円。ご縁?
長男、次男に良いご縁がありますように。
お仕事、謙虚に努力しますように。
家内安全。健康で…。』

お礼をすっかり忘れてしまいました。

本当は、神社で願い事はしてはいけないそうですね。
『こんな風に過ごしております。』
という報告をするくらいが、よいらしいです。


神様も、どうした煩悩の者かと、驚かれたことでしょう。
いや、小身のすることと、笑っておいでかもしれません。
私も笑ってしまいました。

c0325278_13040188.jpg


道の駅でお野菜をたくさん買って、しまなみ海道で帰りましょう。

c0325278_13524120.jpg



自宅に帰ったら、『神島まんじゅう』と
ヨックモックのシガールで、お茶します。


c0325278_13334570.jpg


旨い。

誰か来ないかな~。





by Taseirap | 2017-06-27 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

はっさく大福

いちご大福は、今や "ふつうの和菓子"と
言えますよね。

いちごのまわりは、
黒あん、白餡、生クリーム。

皆さまには、お好みがありますか?
(私はないですよ。なんでもOK)

徐々に全国区になりつつあるのが、
広島はしまなみ海道の
『はっさく大福』。

因島市にあった『もち菓子のかしはら』
いまは、広島市西区観音9-4
ユアーズの隣に移転されたそうです。

TEL 082-208-2236
FAX 082-208-2237
AM8:00~PM5:00
定休日:毎週月曜日

因島市の『はっさく屋』、
尾道の『昇福亭』『中屋本舗』も、
人気だそうです。

広島駅の新幹線口のお土産品コーナーにも
置いてあるそうですね。


甘酸っぱい八朔をみかん餡が包み、
さらにもちもちの大福がくるんでいる。

ほにょにょにょ感満載です。


c0325278_17184963.jpg


でも、写真のこれは、すみません。
広島駅前のデパ地下でもとめたもの。
(下は、豆大福です。)

『はっさく屋』等々ではありませんので、
大福の餅の部分から、白ではなくて、
黄色いですね。



やっぱり 違いが…

違いが 分からない…。

きもち、八朔の量が少ないかな?

でも、とても美味しいです。
味覚に自信のある人は、食べ比べて
違いを教えてください。


by Taseirap | 2017-05-22 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

よみがえる村上海賊の記憶

『今治市 村上水軍博物館』。
大島にあります。
せっかくなので、見学を。

c0325278_13282565.jpg

東京の有名進学校も、見学に来られたそうです。

日本の歴史は陸の上ばかり習いますが、
実は、海にもあったわけです。

かの宣教師ルイス・フロイスも
「日本最大の海賊」と言った能島村上。

c0325278_13290476.jpg

瀬戸内海の要所、能島(のしま)に基地を置きました。

村上海賊(水軍)は、14世紀中頃から活躍。
三島村上氏(能島、来島、因島)の三家。

海上機動力を生かし、瀬戸内海を支配。
海の大名とも呼ばれました。

平時には、水先案内、海上警護、海上運輸。
戦時には、周辺の戦国大名と友好・敵対関係を結び、
海の勢力となって戦います。

秀吉により、禁止されるまでは
まるで中世ヨーロッパの騎士のごとく
自由にあっちに付き、こっちに寝返り
のびのび やっていたのではないでしょうか?

ところで、水軍という呼び名ですが、江戸時代以降の呼称だそうです。
明治、昭和初期に『近代海軍の全身』として、
彼らを評価する見方があり、
そう呼ばれる事が増えました。

しかし、古文書には『海賊』とあり、最近では海賊と呼ぶことが多いそうです。

実際、通行料だか、保険料だか分かりませんが
自分ちの『上』と書いた旗を掲げていない船は
襲ったみたいです。

「掲げてあれば、襲わない」という。
非常に分かりやすいジャイアンぶり。

でも、香や茶、連歌を楽しむ文化人でもあったそうです。


博物館の展望室から、能島が見えます。

c0325278_13295927.jpg
中央左寄りの小さい島 2つ


『あの島全体が根城だ。』と思えば、
大きくもあり、小さくもあり…。


博物館の看板の字は、同じく今治市出身の村上三島氏。
(1912-2005) 書家。
『現代書道の巨匠』と呼ばれる方だそうですが、
のびやかな達筆が、村上海賊にぴったりです。


博物館の3階に、赤い旗と写真。

c0325278_13312003.jpg


作家の和田 竜 先生も来られて
手こぎ船レースに参加されたそうです。

村上海賊衆チームは、予選落ちだったそうです。


c0325278_13341365.jpg

無念でござったな。





☆『村上水軍博物館』
愛媛県今治市宮窪町宮窪1285
TEL:0897-74-1065
9:00-17:00
(月)は休み

入館料 大人300円。18歳以下は無料





by Taseirap | 2016-09-15 07:30 | 愛媛県 | Comments(0)

大島でランチ

さて、そろそろ帰路につきますか。

と、その前に ランチに立ち寄りたいところがあるの。

本当は、あちこちにできてる『島カフェ』とやらに行きたい。
でも、「パンは飯じゃない。」がいるから…。

大島においしいお寿司屋さんがあるみたいよ。
『喜多寿し』さん。

c0325278_08164978.jpg
山の上


c0325278_08171776.jpg
海が見える




あら、残念。
本日は貸しきり。
予約でいっぱいだそうです。


教えていただいて、近くの『雅』さんへ。

c0325278_08174039.jpg
県外ナンバーの車がずらり



こちらも予約が多く、にぎり寿司はムリ。
海鮮丼は、大丈夫。


c0325278_08180040.jpg
¥1200

(ウニ丼も人気みたい)




わ、豪華。
付いているお味噌汁も、おいしい。

満足。



週末は、人気のお店はどこもお忙しいですね。





☆『雅』     
愛媛県今治市宮窪町宮窪5166
0897-86-2688

11:30-14:00
17:00-21:00

(火)はお休み



by Taseirap | 2016-09-14 07:30 | 愛媛県 | Comments(0)

『大漁』(大三島)

お昼ご飯は、大山祗神社前の『大漁』へ。
午前11:30開店らしいので、早めの11時ですが
名前を書かせて頂きましょう。


c0325278_08304131.jpg



あれ? もう並んでる。
ウェイティング リストには、既にずらずらと名前。
…早い! 早すぎ!

1枚目 30組。
2枚目 30組。
1グループひとりもいれば、6人の組もいる。
私たちは、3枚目の紙の下の方に書く。
3枚目は半紙で、15組しか書けず、
一番下の人の食事スタートは
午後2時くらいみたい。

昼の営業時間は、3時まで。
(夕方は、来られた順に入るみたい。)

私たちにしたら、先にウェイティング リストに書いて、
“珍しく準備良し” かと思ったけれど、
そうでもないね。

取り敢えず、自由時間はたっぷり。
神社でも、道の駅でも、おまんじゅう屋さんでも、
行き放題。

時々、様子を見に『大漁』の前に。
待ちきれずキャンセルする人もボチボチ。
お客様の多さに、4枚目の半紙(15組)も特別追加。

自分も並びながら、
『どうしてこんなに人気なん?』
予測より10分早く、午後1:40に呼ばれる。
(待つのが嫌いな長男がいたら、入れないお店だ。)

c0325278_08335390.jpg

あるある。 あ、ない!
(すぐに追加される)

c0325278_08341607.jpg

兜が大きい


c0325278_08343971.jpg

や、安い!


席に座ったら、先ずはご飯ものを注文。
おかずは、自分で取りに行く。

c0325278_08360798.jpg

海鮮丼 480円 (ご飯は酢飯)
お味噌汁は80円

c0325278_12253963.jpg

480円の勇姿


c0325278_08370424.jpg

イカ天 260円


お野菜のお惣菜もあるし、無くなったら出てくる。
人は並ぶはずだわね。

ライダーらしきお兄さんは
海鮮丼ににぎり寿司も追加して、
おこぜのから揚げも。
でも、2000円でお釣がくる。
コスパ素晴らしい!

個人的には、
海鮮丼のご飯が酢飯であるところが、ポイント大。
なんだか懐かしい。

☆『大漁』
愛媛県今治市大三島町宮浦5507-1
11:30-15:00
17:00-20:00(週末のみ)
TEL:0897-82-1725
(火)と(水)はお休み
※ 駐車場はありませんが、道の駅がすぐそばです。


by Taseirap | 2016-09-07 07:30 | 愛媛県 | Comments(2)

御朱印帳

大三島に着きました。
まずは、お参りを。

『大山祗神社』は、日本総鎮守ともいわれます。

c0325278_09465323.jpg

c0325278_09474258.jpg

c0325278_10380136.jpg


ところで、こちらはご朱印帳です。
(存在を、次男に教わりました。)

c0325278_09483779.jpg

御朱印帳は、神社仏閣の社務所などで販売。
だいたい千円くらい。
お参りしたあとで、受付場所で記帳をお願いします。
なさらないところもあるそうですが、大体は
気持ちよく書いてくださるそうです。


c0325278_09522189.jpg
うるわし


筆耕料(?)300円をお納めします。

次男は旅先等で書いていただいているそうです。
(若い人に流行っているみたい。)

私の学生時代の友人は、夏休みには高校生の息子さんと
『四国八十八ヵ所巡り』
御朱印帳も持っているのかしら?

主人の会社の方も、定年後に
奥さまと四国八十八ヵ所をまわっておられるらしい。
車を改造して、中で寝られるようにして、お寺と温泉巡り。

四国巡礼は、弘法大師と『同行二人』。
奥さまも一緒なら、3人旅でしょうか?

いや、夫婦で一緒にいても、しょせん人は独りよね。
(なにがあった?(笑))




この後、今治市の『南光坊』にも寄りました。


c0325278_10020155.jpg

四国八十八ヵ所霊場の55番札所。
こちらでも書いていただけて、二つ目。
達筆が並ぶ様は、圧巻。
書のパワーにうれしくなります。

隣には、『大山祗神社』の別院も。
御神体のいくつかを今治にも分けて、まつられたそうです。

c0325278_10033967.jpg

『またしても、お願いしようか?』
と悩みましたが、
ガツガツしないで ゆっくり集めようと思いました。

長男は、この夏『ポケモンGO』。
私も『御朱印GO』。


お城のファンも多いから、『お城へGO』なんかも
流行するのでは?







by Taseirap | 2016-09-06 07:30 | 愛媛県 | Comments(0)

rabbit island?大久野島

週末、今治の焼き鳥が食べたくなりお出かけ。

いつもは尾道まで行って、しまなみ街道で今治市
という高速道路のルート。

でも、ふと思い立ちフェリーを利用できるかな?

車で出発してiPhoneで検索すると、あった!
大三島フェリー。
http://sanyo-shosen.jp/omishima/

竹原市の忠海(ただのうみ)港から大三島の盛(さかり)港まで、
1時間に1-2本出ている。

c0325278_07325239.jpg
忠海の静かな入り江



c0325278_07464402.jpg


料金は片道¥2590。
確か、フェリーは架橋利用と同じ料金に設定してあるはず。
損はしないわね。
海ルートで行ってみますか?


JR忠海駅の裏、『アオハタジャムデッキ』の隣の
フェリー乗り場へ。

c0325278_07333891.jpg

あら、すごい人。
外国人多い。
日本人と思った人も、アジアからの人。
自販機のチケットを買わずに、売り場のお姉さんから買ってる。
(大した行列ではないけれど、2列になってほしい。)

忠海から大久野島、そして大三島へ行く経路。
皆さまのお目当ては大久野島らしい。

SNSで大久野島が、
rabbit island(ウサギとふれあえる島)
として有名になって、
外国人や子どもさんに大人気。

c0325278_07341229.jpg

私も学生時代に海水浴で来ました。 
ウサギもいた。
戦時中、毒ガス工場があった大久野島。
ウサギは実験動物だったのよ。
 
今はのびのび。
・・・でもないかな?

フェリーに、注意書きが張ってありました。


c0325278_07513242.jpg
「追いかけまわさないで」



週末は忙し過ぎるせいではないでしょうが、
フェリー代金 ¥1650(同乗者含)。
千円以上ディスカウント。

c0325278_07345234.jpg
激安




のんびり瀬戸内海の散歩。

c0325278_07380123.jpg

朝9:40に忠海港を出たら、大久野島には9:55。
(15分の船旅)

もう着いちゃった!

c0325278_07371964.jpg
大久野島へgo



大三島の盛港には、10:10着。
(また15分の船旅)

近い。
海ルートは、めちゃくちゃショートカット。



忠海港に車を止めて、一般旅客(歩行者)として行けば
片道大人310円。


c0325278_07550721.jpg
数百円で瀬戸の船旅







by Taseirap | 2016-09-05 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る