タグ:グアナファト州 ( 1 ) タグの人気記事

メキシコ バヒオ地区の気候と地理(ざっくり)

方向音痴だけど『バヒオ地区:地理』についてひとくさり。

まず、メキシコ合衆国には3129の州と、
1つの首都(DF)があります。
(*後日、こどもの宿題をみているお母さまから
 「州の合併があって、減りましたよ。」
と、教えていただく。)

バヒオ地区と言われるのは、メキシコ中央高原地区のこと。
わたしがおりますのは、グアナファト州で、
中央高原北西部です。
メキシコのコラソン(心臓)が、位置的に
サンミゲル・デ・アジェンデらしいです。

ガイドブックに載っている”中央高原北西部"、
その州としては、北から
(飛行機マークは空港あり)

サカテカス州。
サンルイスポトシ州✈。
アグアスカリエンテス州✈(日産が進出して30年)。
グアナファト州✈。(マツダが進出)。
ケレタロ州✈
(メキシコシティから北西200㌔。ホンダが進出)。
ハリスコ州✈✈
(州都グアダラハラは、メキシコ第2の都市。テキーラ村。)
そして、ミチョアカン州。
(太平洋に面している。州都モレーリア。
モナルカ蝶の飛来でも有名。でも危険)

全体に、中世ヨーロッパの風情を残す
コロニアル都市が多い一帯です。
高原と言うだけあって、標高が1500m以上。
世界遺産のテキーラ村は谷にありますが、
それでも標高1200m。

バヒオ地区は、
「朝晩が涼しく、一年中おだやかな気候だから
冷房も暖房も要らない。」
と言われるものの、
乾季の朝晩は寒く、デロンギの小型ヒーターを
購入される人もおられます。
うちもついにコスコで買いました。

寒く感じるのは、11月-翌2月くらいまで。
でも、煉瓦造りの家の屋内は、季節を問わず意外と冷えます。
それ以外は、ほぼ夏。
(たしか、2月の終わりには団地の
屋外プールがオープンしたような・・・。)

3月-10月の夏場は、快適です。
半袖Tシャツ1枚で大丈夫です。
でも、日差しはかなり強い。
衣類は、薄手のロングTが便利かも。
(重ね着とかね。)
乾燥しているので、半袖でも長袖でも
感覚としては大差はありません。
冷房対策に、ショールなども、あれば便利です。

「羽根布団もってくるんだった~。」
の声も良く聞きます。
季節によらず、結構冷える日があります。
羽根布団と毛布は、要りますね。

(布団関係は、
ウォルマート<リベルプール<小売店<コス(ト)コ
の順に おすすめらしいです。)

余談ですが、長い駐在なら
ガーミンのカーナビもあった方が良いです。
マップは、アメリカ版。
カナダとメキシコも入っています。
(こちらでもデパートで買えますが、
全部で4万円位になります。)

朝晩はフリースも着ています。
メキシコの人は、セーターや皮ジャン着てます。
と言っても、屋外の日中は、
長袖Tシャツだけで(初年度は)平気。

メキシコの人に
「寒くないの?」
と、言われました。
(2年目くらいから、なんだか寒さを
感じるようになります。)

肌着類は、普通に。
ヒートテックまでは不用ですが、
冬の帰国や旅行の際には要るかも。
体感温度は個人差が大なので、冷えるからと
腹巻きまでしている奥さまもおられますよ。

もっと標高の高いメキシコシティよりは、
暖かいグアナファト州。
そして、乾いています。

グアナファト州にある都市は、
レオン空港✈(BJX)の周囲には
まず、北からレオン、空港✈、グアナファト
高速道路沿いにシラオイラプアトサラマンカ
セラヤケレタロ
それからサンミゲル・デ・アジェンデも。

すべて直径300㎞くらいの範囲に
だいたいおさまる感じです。
端から端まで車で3~4時間です。


c0325278_04585901.jpg
グアナファト州の地図


レオン中心部からですと、交通事情にも
よりますが、BJX 空港まで20分。
グアナファトは、30分。
シラオまで30分。
イラプアトは1時間。
サラマンカまでは1時間半かな?
セラヤまでが2時間くらい。
ケレタロやサンミゲルへは、3時間くらいでしょうか?

こちらに来る前は、私はどうも位置関係が掴めず不安でした。

イメージとしては、
広大な丘陵地帯に高速道路が走り、
車で30分おきに大小の街が点在する感じです。

c0325278_05553549.jpg
こんな感じが延々と


地図でご覧になるより、実感としては
『近い』と思われるかもしれません。
でも、『ちょっとコスコまでお肉買いに~。』
と思っても、高速道路で緊張運転。
面倒です。

レオンからメキシコシティまでは、
車で5時間くらい。
(飛ばせば、4時間半で行けるそうですが、
安全運転でいきましょうね。)

レオンーケレタロは車で3時間くらいだから、
ケレタロからメキシコシティまでは
2時間くらいでしょうか?

数年後には、メキシコシティ(DF)と
ケレタロ間に高速鉄道が通る
計画があります。
山間を通す作業ですので、短い距離ですが
かなり大変だと思います。

メキシコシティへ入る車を減らして、
交通渋滞と大気汚染の緩和を図る
のが狙いだそうです。

ケレタロは進出企業が多いですしね。

計画はなかなか難航しておりますが、
完成した暁にはいったいどんな鉄道になるのか、
とても楽しみです。
(でも、そのころにはここにいないでしょうね。)

バヒオ地区には客車鉄道が通っていませんので、
車での移動がメインとなります。
自分で運転するか、カンパニー・カーを利用するか、
タクシーを使うか。
バス等の公共機関の利用は、会社の規定通りに。


これからセマナサンタ(クリスマス・シーズン)に向けて、
街はHappyと同時にデンジャラスになります。
年越しには何かとお金が要りますので、犯罪が増えます。
わたしの住む町でも既に発砲事件がありました。
誘拐未遂もあります。

「比較的安全」と言われても、
それは決して「何もない」わけでは
ありません。
わたしの善き隣人のメキシコの人も、
いつもとても気を付けているそうです。







by Taseirap | 2014-11-24 07:10 | メキシコ基礎知識 | Comments(8)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る