タグ:スイーツ ( 64 ) タグの人気記事

コーヒーみつまめ(銀座若松)

お土産にいただきました。
銀座若松の『コーヒーみつまめ』。

c0325278_20094068.jpg
ぎゅうひ、羊羹、あんず、チェリー
うぐいす豆、栗

c0325278_20100267.jpg
下の段にはコーヒーゼリー

c0325278_20115264.jpg
黒蜜か白蜜

黒蜜なら伝統的なみつまめの風味。
白蜜は、新和風。
コーヒーの香りが立ち、全然違う感じ。


c0325278_20151655.jpg

美味しくいただきます

c0325278_20160011.jpg
パイナップル


家族は「甘いものはちょっと…。」
ワガママいうので、
くだものにしましたよ。



More
by Taseirap | 2018-05-24 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

おやつです

今日のおやつ。

c0325278_21161100.jpg

シャモア洋菓子店の『ケークオ・テ』。
紅茶風味のパウンドケーキ。
おいもやさん興伸の『いも菓子』。

c0325278_21181519.jpg

c0325278_21184087.jpg

舟和も良いけど、こちらもね♪





by Taseirap | 2018-05-19 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

リタイア後の、子どもとの付き合い方

まだ少し早いのですが、リタイア後の生活のこと。

雑誌を読んでいたら、
『老後破産しないことが、一番の子ども孝行である。』

なるほど。
そうか~(;・∀・)
気を付けないと!

そのためには、
『老後人生の指針を持て。』
『人生の最後には、2回の引っ越しが残っている。』

まずは、
医療機関や駅に近いところへの引っ越し。
そして、
老人介護施設か病院への引っ越し。
この2回の引っ越し費用が出せない人が多いそうです。
なぜなら、
『最期は子どもがなんとかしてくれる。』
と思っていたから。
『子世帯の応援をこれだけしたのだから、
自分は絶対大丈夫。』

人生に絶対はない。

だから、50-70代で
『郊外型2世帯住宅で、子世帯の応援をしてはいけない。』

なぜなら、日々の冠婚葬祭に雑費、
家のランニングコスト、たまの外食など
子ども世帯への親の出費負担が続くから。
対して得るものは、孫の可愛さを味わうこと と
日常のぼんやりとした安心感。
しかし、実際に倒れたりすると、
子世帯には子世帯の暮らしがあるので、
看護はできない。
これまでの貢献なんて、カウントされない。

親は、老後こそ自立しないといけない。

終の棲家のために、それまで住んでいた住宅は処分。
そのお金で、自分で最期までがんばれ。
成人後見人制度や、老後の一切合財を頼めるような
サービス業も追々充実してくるだろう。

子孫に美田を残さず。
人生も財産も1代ポッキリ。
下手に子ども世帯と暮らすと、居住権など
ややこしくなって、家屋を売りたくても売れない。
また、他の子どもとの財産分与で揉める。

子どもとは つかず離れずで。

…だそうです。
"郊外型2世帯住宅で幸せな老後"は、ダメなのか。
う~ん。
夢がひとつ消える。
ぼんやりとした安心感を幸せと呼ぶんじゃなかったの?

老後のお金のシビアさが、愛情という感情の霧の
なかから浮かび上がり、寂しい。

c0325278_23572787.jpg

hanafurの苺タルト
スイーツ男子が自分用に買って帰る









More
by Taseirap | 2018-05-05 07:30 | どうでもよい話 | Comments(0)

スイーツ男子

毎度お馴染み、松屋常盤。

c0325278_14350448.jpg

息子が友人と京都に遊びに行ったおみやげ。

前回は、デパートで買って来てくれて
おいしいものの 『?』
「一番最初に食べたのが、一番美味しかったね。」
「あれは、作ってる所までわざわざ行ったんじゃ。」
「あ、そうなん?」
「場所が分かりにくいから、観光客はそんなには行かん。」
「ふーん。」

今回は、またお店に買いに行ってくれたみたい。
京都府 京都市中京区 堺町通丸太町下ル橘町83
御所の南なんだね。

c0325278_22244887.jpg

「おいしいね!」
なんでしょう。
本店のは、どこかが違うの。
乾燥具合?
(でたっ、味おんち。)

今回は、300円の"切れ端"まで買って来てくれて、
これがめちゃうま!
大きさもバラバラ、味噌の量もバラバラ。
なーんかハマる。
「次からこっちでも良いよ~。」

『出町ふたば』にも並んだスイーツ男子たち。
「30分待ったが、旨かった。豆餅。豆大福。よもぎ…。」

同じような和菓子好きの友だちがいて
良かったこと。
「四条通りが、河原町あたりで車道を狭く、
歩道が広くなってた。」
と、驚いていました。地元の人は大変ですね。

5月。
なんとか社会人1年生が過ぎて、2周目。
後輩ができた。親子でホッ。

いやいや、まだ分かりません。
メッキが剥げる前に実力をつけてね。
お願いよ。


by Taseirap | 2018-05-01 07:30 | こどもたち | Comments(0)

ばんぺいゆ(晩白柚)

日奈久温泉からの道の途中で、
出会ってしまった!

c0325278_18252049.jpg

ばんぺいゆ!
バレーボールくらいの大きさ。

c0325278_18260041.jpg

3個で1000円。
買うしかない。
普通はひとつが1500円だよね。
ま、多少色が薄いけれど(笑)

グレープフルーツを少し甘くした感じです。

晩白柚は、ざぼんではないそうです。
熊本県八代市の気候にあった果物で、
原産地はマレー半島。
「柑橘類ザボン区分で重量世界一」ですって。

車旅でないと、絶対買えない。買わない。

c0325278_18300187.jpg

食べ方は、カットして

c0325278_18305649.jpg

c0325278_18313093.jpg

と、これは間違い↑ 残念なり~。

「みかんみたいに、手でひとふさずつ剥きなさい。」
と、教えてもらったわ。
白いふわふわの部分は、晩白柚漬に。

c0325278_18333336.jpg

ゆべしのような甘いお菓子になるそうです。

私は諦めて、皮は干します。

c0325278_18351052.jpg

入浴に使います。

by Taseirap | 2018-04-12 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

鹿児島おもしろい

鹿児島県の面白さは きっとたくさんあって、
私の思うことは ずれているでしょうが、
『個人的にひっかかったこと』
ということで… (^^ゞ

まずは、コンビニの焼酎の多さ!
さすがです。
(棚にストップの手形がたくさんある。
飲めというのか、飲むなというのか。)


c0325278_22133077.jpg

c0325278_09075126.jpg
かのや体育大も鹿児島県
天然アルカリ源泉水使用の『財宝』




道の駅などで売っているお菓子もおいしそう。

c0325278_22144214.jpg
むらさき芋餅と桜もち


この からいも餅は、すごい色。
きな粉が振りかけてあり、興味本位で買ってみました。

c0325278_22185599.jpg
手では食べにくいけれど


柔らかくて、のびるのびる。
おいしい!

鹿児島で買った『いきなり団子』。
中身は、サツマイモと小豆餡で同じですが、
これは形が違いました。
『薩摩おごじょのいきなり団子』という名前でした。

c0325278_22230333.jpg
俵むすびのよう


c0325278_19304685.jpg
食べやすい (ラップのまま食べれば)



それから、市内電車。

c0325278_08182357.jpg
警察車両?


c0325278_08171756.jpg
これは…?


c0325278_08202856.jpg
緑地帯


c0325278_08194337.jpg
マンションの宣伝



幅の細い電車が芝生の生えた軌道を走る。
アトラクションの乗り物のようで、可愛い。

ラッピングが かなり自由なのか、
山形県を宣伝する物まであって、一瞬
「ここどこだっけ?」
南国の鷹揚さを感じます。

海外の姉妹都市の宣伝までして、
広島がカープ カープしていることを思うと、
「違うな~。」


花が早い。
もう つつじも咲いている。


c0325278_22270670.jpg
広島では5月に




by Taseirap | 2018-03-31 07:30 | 鹿児島県 | Comments(0)

温泉と焼酎と桜の旅のはじまり

都城で肉をむさぼり、温泉デトックス効果も薄まり、
ここから怒涛の『温泉と焼酎と桜の旅』がスタート。

鹿児島市の温泉というと、指宿の砂蒸しなど有名ですね。
憧れの霧島温泉に妙見温泉。
ー だけではなく、市内に小さい温泉もあるそうです。
源泉は270か所以上もあるといわれ、市内全体が
温泉場ともいえます。
公衆浴場は60か所。
銭湯でも湯は温泉。

よかお湯じゃあんどん、そらおそろしかとこいなあ。
贅沢すぎもすよ。

c0325278_19591901.jpg


私の目的は、『天文館むじゃき』。
しろくまのかき氷アイスをこよなく愛しますので、
一度本物を食べてみたい。

野望を抱えつつ、荷物と車を置きに
ホテルへGO。
宿は『リッチモンドホテル 鹿児島金生町』です。
駐車場は、一泊1000円で、ホテルのすぐ横。
(荷物を運ぶのに助かりました。)

デパートの『山形屋(やまかたや)』の真ん前。
(なにかと便利でした。)

c0325278_21184009.jpg

同じくリッチモンドホテルの『鹿児島天文館』は、
ほんとうに天文館通りの真ん中にあり、
夜飲み重視したい派は、そちらが便利かも?


c0325278_20053068.jpg
c0325278_20120838.jpg


c0325278_20113758.jpg


十分な広さで、貸し出しのスマホまで完備。

それと、スタッフさんが感じが良いです。
特に年配の女性たち。




さて、天文館に歩いて行って、念願の『むじゃき』へ。
訪日外国人さんたちの隣で、私も写真を撮る。

c0325278_20292672.jpg

喫茶店をイメージしていたら、ビルでした!
地下1階、地上5階。
各フロアは、薩摩鉄板焼き、白熊菓琲、カジュアルレストラン、
和食の味処、事務所。

c0325278_20042249.jpg


『ということは、2階?』と思って、行くと
メニューには、おいしそうなオムレツやパスタ。
「白熊だけでも良いですか?」
と聞いたら、OK。

後で確認したら、何階のお店に入っても、
白熊を食べることは可能ですって。

メニューには、白熊には普通サイズと
スモールサイズがあって、
スモールサイズは一人で召し上がれ と。

友達とシェアするなら、普通サイズみたいね。


c0325278_20352878.jpg


c0325278_20361827.jpg
のせたわ、プリン!



デトックス効果が無事消える。

でも、本物のしろくまの味は、これか~。
コンビニのとは違うな~。
どう違うかは、ぜひ、自分で経験してみてください。

ここ以外にも、あちこちのお店で
白熊は食べられるんですね。
クロクマやアカクマもあるんですね。


小さい紫芋のお饅頭(?)も入っていたりして、

奥深いです、白熊!








ところで、例の木の芽が花開いたようです。

c0325278_11125150.jpg

わー、可愛い❤
… たぶんトサミズキ。



More
by Taseirap | 2018-03-29 07:30 | 鹿児島県 | Comments(0)

杵築(きつき)へ

晩御飯のための魚を仕入れに
『日出(ひじ)町』の (←読めない)
『深江の朝市(大神漁港)』へ行ったものの、
平日の8時半では魚の影もなかった。
(土曜の7:30が良いらしい)

c0325278_20255345.jpg

車で30分くらい移動して、
杵築"きつき"(←読めない)の城下町へ。
駐車場へ車をとめて、坂道を上ります。
武家屋敷跡に、教会。


c0325278_20300447.jpg

c0325278_20321365.jpg

武家屋敷の配置は、階級ごとに集めてご近所。
役宅の広さも 前の道路の道幅も違うそうです。

c0325278_20313597.jpg

c0325278_20335083.jpg

土塀から縄が垂れているのは、中部が竹か
なんかで組んであるのかな?
水分を出す工夫かな?

雨が降り、石畳道が濡れて
柔らかく光っています。

c0325278_20330219.jpg

c0325278_20355479.jpg

c0325278_20362413.jpg

c0325278_20365145.jpg

桜には少し早めの杵築でしたが、
ちょうど今、映画の撮影をしているそうです。

着物姿の人の多くは、外国人。
城下町をお着物で散策。優雅です。

通りの真ん中にある『お茶のとまや』に。

c0325278_20393150.jpg
店主お作の落雁は秀逸


c0325278_20451532.jpg

春の伊吹
タンポポ、つくし、すみれ


c0325278_20405276.jpg
コーヒーも美味


お抹茶は、だれでも飲みやすくするためにか、
きもち薄めで 量も多め。
しっかり細かな泡がたてられています

春の雨に濡れた庭は、翠濃い静寂の空間。
前の道路の拡張工事の際には、曳家(ひきや)をして
守られたという和の建築物。
大黒柱は、大分県No.1の大きさだそうで、
2階部分も同じ柱が続きます。
建物の構造の見事さも合わせて
建築家の人が見学に来られるそうです。

c0325278_20403265.jpg

c0325278_20390731.jpg

杵築は、本来は木付と書いていたけれど、
ある時、幕府から着た文書に『杵築』と記してあり、
幕府に物申すことは憚られたので、
(忖度か?)
以後『杵築(きつき)』になったそうです。

おそらく、出雲の木付が有名だったので、
『幕府の事務かたが、区別するために字を代えたのでは?』
と考えられているそうです。


by Taseirap | 2018-03-26 07:30 | 大分県 | Comments(0)

誘惑がいっぱい

温泉で自炊生活と温泉三昧。
2日で1キロ減りました。
そのまま おとなしくしていれば良いものを。

別府はおいしいところも たくさん。
回るお寿司が、このレベル。

c0325278_15274447.jpg

c0325278_15285758.jpg

c0325278_15431196.jpg

c0325278_15283810.jpg

価格も安く、関サバ・関アジ どんとこい!

c0325278_15292117.jpg

『くるくる寿し 亀正』では、
130円のお皿にも、380円のお皿にも
2貫のせてくださる!
(大人気で、人も駐車場もあふれる。)

別府は、冷麺も名物らしいの。
『一休の泪』でいただきます。

c0325278_15324875.jpg

かぼすに青唐辛子。
冷麺にお好みで。

c0325278_15363421.jpg

とり天もお忘れなく。
(お忘れして!)
c0325278_15335001.jpg

そして、鉄輪温泉の宿の近所のカフェ。

c0325278_15383561.jpg

c0325278_15395141.jpg

c0325278_15392007.jpg

『ガーデンのやど 湯治 柳屋』は、
カフェも併設
シフォンケーキが何種類も。

数々の誘惑と戦いながら、負けながら、
坂道をお散歩。


c0325278_05163042.jpg

c0325278_05131541.jpg

c0325278_15485794.jpg

夜も幻想的ですが、
『宿でご飯作って飲んで』が非常に忙しく
ほとんど出歩いていません。


c0325278_15480103.jpg




by Taseirap | 2018-03-25 07:30 | 大分県 | Comments(0)

最近気になること

最近気になることですが、
小さい子どもさんを連れているお母さまが
道路等で手を繋いでおられないこと。

幼稚園くらいの子どもたちが、
走って横断歩道を渡り、
お母さまは人と話している。
幼稚園、保育園児は手つなぎがmustの世代には驚き。

小学校入学前の通学路確認も、手つなぎでした。
小さい子どもは衝動性が強いので、
危険回避のため、手はつないだほうが良いですよ。

「こっちに来たらダメよ!」
という禁止の命令も、
子どもは最初だけ聞いて来るから
絶対にしないように。
「危険なときは、良い・悪いではなく、
止まって!歩こうね など、動作の指示をする。」
「紛らわしい、分かりにくい指示はしない。発音良く端的に。」
「明るい色で肌触りの良い服を着ましょう。
できれば、毎日同じ服で来なさい。」
「いつも、笑顔と優しい声で名前を呼ぶように。」
「ふたつ連続の動作の指示は、年長さんだけわかる。
指示はひとつで。」

幼稚園の教育実習で言われました。
今では古いのかなぁ。



c0325278_19184959.jpg

確かに、私の育児のバイブルは昭和。
松田道雄先生の『育児の百科』。
でも、名著です。

もうひとつのバイブルは、
『広島学院物語』。
倉光誠一先生の書かれた名著です。
描かれるお母さまの姿が、平凡に見えて非凡。
美しいです。
子育ては子どもに直接向かうばかりではなく、
その周りの環境を整えて守ることだと気がつきます。

育児雑誌は多々ありますが、ときに間違いも載っています。
間違いというよりも、そのときの流行かもしれません。
でも、流行と普遍性は両立が難しい気がします。

簡単に模倣しないで、家族の将来の方向性を
あれこれと模索する。
それも子育ての楽しみのように思われます。





by Taseirap | 2018-03-08 07:30 | こどもたち | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧