タグ:ビアヘス東洋 ( 3 ) タグの人気記事

マツタケ出ました!

「メキシコはマツタケ安いよ。」
と、聞いてはいたけれど見ないな~と思っていたら
出ました!

c0325278_12552301.jpg
150ペソ(1200円)

いつもお魚を分けてもらう和食のお店のご主人が仕入れておられました。
メキシコシティよりも南側の州で取れるそうです。
ゲレロ州だったかな?山の中でわんさかと。

「取りにいったら絶対ダメですよ。殺されますよ。」
と、言われました。危険地帯ね。
(わたし、取りに行きたそうな顔をしていたのかしら?)

さっそくマツタケご飯。
c0325278_12591628.jpg
マツタケと油揚げ、薄口しょうゆちょぴりで味付


今晩のメニューは、サツマイモのてんぷらと、イワシの塩焼き、お味噌汁、大福もち。
マツタケのホイル焼きは、明日にします。

帰宅した主人は、マツタケご飯を3杯食べて、
「イワシ旨い。」と言い、
大福もちはパスでした。

・・・だよね。
でも、超満腹後の大福もちも これでもかと旨いんだぞ。

太る人、痩せる人の分かれ道。
夫婦なのに別の道を歩んでおります。






*『ビアヘス東洋』さんでも、メキシコ産松茸ギフトの予約が開始されました。
 金額は 送料込みで
 1㎏:USD$146、500g:USD$92、300g:USD$65。
 (北海道、九州はUSD$4増、沖縄・離島はUSD$7増)
 申込期間は、7月14日(月)~8月8日(金)まで

ventas@viajestoyomex.com

Tel. (55)5584-5410/ 5564-3180

担当: 済藤(Srita. Saito) さん      ・・・だそうです。



by Taseirap | 2014-07-06 06:53 | おいしいもの | Comments(2)

日本への贈り物

海外赴任先から、
『日本に何か送りたいな~。』というとき。
(”○○の日”とか記念日とか。)
送料が、なかなかバカになりません。

あと、『ちゃんとつくかな?』とかも・・・。
日本まで着けば、後は心配無いのですが。
(日本の流通は最高です!
 これは、流通業界の人の誠実さ+住居表示の的確さ&国土の狭さ
 が理由ですね。)


我が家が初めて利用したのは、『ビアヘス東洋』さんのギフト。

ビアヘス東洋メヒカーノ 営業部
ventas@viajestoyomex.com
tel:(55)5584-5410

まず、こちらからメールを送ります。
すると、向こうからパンフレットと申込書などがメールできます。
担当の方は、日本の方なのですべて日本語のやり取りです。
希望など記入して申し込みます。
(ファックスでも大丈夫みたい。)

その日のレートで代金が替わるので、
代金と振込方法、振り込み口座などの連絡メールがきます。

指定された銀行口座に入金し、
振込票を写メで、再度ビアヘス東洋さんに送り、完了。
1週間~2週間で日本に着くそうです。

パンフレットは、『たびたび東洋』に載っているものと同じです。
6月には人気のアップルマンゴーに加え、マツタケも出るそうです。

日本で買うよりは、遥かに安いであろう松茸。
日本の家族や友人に送ってあげたい。
でも、先立つものが・・・。ごめんね。
(香りだけでも届くように、スーパーで見かけたらフーフーしておくから。)


「いいや!どうしてもいる!」という人には、着払いで。
・・・そんなのあるかしら?(笑)



*『メキシコ観光』さんも、マンゴーギフトありました。
 デパートとかもありそうですが、よく存じません。
 また何か分かったら、アップしますね。






by Taseirap | 2014-05-11 09:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

メキシコの銀行

はじめて、メキシコの銀行に行きました。

土日でも開いているという話でしたが、
平日なのに閉まっていました。

なぜ?

調べたら祝日(5月1日メーデー)でした。


メキシコの銀行の営業時間は、自由化されていて
同じ銀行でも、支店により違うそうです。

だいたい月曜から金曜の
朝8時、9時から16時、18時まで。
ATMは24時間利用OKのところが多いみたい。

が、夜の12時過ぎに引き出して
襲われた話も聞きます。
(メキシコの人の反応は
「それはあたりまえ。深夜はだめ。」でした。)

いつも見かけていた銀行は、
バナメックスというところで、
ショッピングセンターの中にあるので、
土日でも開いていたのです。
(でも、この前は土曜日閉まっていました。もう、なぞ!)


実は、今回、日本の恩人にメキシコのものを送ろうと
『ビアヘス東洋』さんで、
アップルマンゴーを頼んだんです。
そうしたら、銀行で代金を振り込んで、
領収書(?)を写メしてくださいとの指示。

この”領収書を写真に撮ってメールを送る”というのは、
以前不動産屋さんでも言われました。
結構ふつうのことみたいですね。

翌日、指定銀行のサンタンデールの支店に行ってみると
お客さんの長い行列。

銀行にソファや椅子は無く、
窓口の前にただ並びます。
行列整理のラインが置いてあります。
窓口は2箇所しかあいてません。
(あけしません。)

いい加減疲れて、気分転換しようとキョロキョロ。
『あ、ポスターが張ってある。』
と、見たら銀行強盗の手配写真でした。

防犯カメラから持ってきているので、
犯行時のリアルな姿。
皆さん拳銃を持たれ 非常に緊迫感のある写真。

げっそりしました。

『携帯電話は使用不可』
のポスターもあります。

「おい、いま大金引き出した奴がいるぞ。青いシャツの男だ。」
なんて、連絡したら危ないですから。

(でも、気がつかずに 
もうさっき少し使っちゃいました。)

わたしの順番になり、ノートに振込先と金額を
書いていたので、それを見せました。
すると、「はいはい。」
といった感じで、さっさと機械に入力して、
お金を受け取って、
はい おしまい。

相手の口座に入金をしただけ。

わたしが、どこのだれかなんて
全く聞かれませんでした。

ふーん。

何も書かず、何も聞かれず、ひたすら並んで 
すぐ終わりました。

『ビアヘス東洋』さん、お金とどいてますかー?

これって、誤入金したらぜったい帰ってこない
システムじゃないかしら?

日本の銀行さん。
ときどき『くどい!』と思うこともあったけれど
間違いのないように、とてもがんばってくれていたのね。
偉いです。





by Taseirap | 2014-05-04 08:37 | メキシコ基礎知識 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る