タグ:ホテル ( 44 ) タグの人気記事

奥出雲の亀嵩温泉『玉峰山荘』

雪はまだ積もっていない。
いまのうちに、もう一度、
島根県の奥出雲の温泉に入ろう。

奥出雲まで、途中 高速道路の無料区間も使って
二時間半。
亀嵩温泉 玉峰山荘へ。
うちとは宿泊予約のタイミングが合わず、
日帰り入浴で我慢です。






家族風呂が偶然空いていたので、お願いします。
入浴料金(600円)+1080円で利用できます。
いつだったか、湯船で泳ぐ子どもに会って以来
家族風呂が大好きです。
利用できるなら、そちらに避難しますよ。

奥出雲の亀嵩温泉『玉峰山荘』_c0325278_01332790.jpg

奥出雲の亀嵩温泉『玉峰山荘』_c0325278_01335325.jpg

奥出雲の亀嵩温泉『玉峰山荘』_c0325278_01341906.jpg

PH 8以上の温泉。
ぬるっとした美人の湯です。
のんびり。

このあと、大浴場も利用できました。
木次牛乳を飲んで。
マッサージ機に座って。

極楽。


奥出雲の亀嵩温泉『玉峰山荘』_c0325278_01345113.jpg

奥出雲の亀嵩温泉『玉峰山荘』_c0325278_01403022.jpg


いつか泊まりたいです~。

さて次は、すぐ近くの道の駅へ。
例の酒蔵の経営する道の駅ですよ。
島根県の奥出雲酒造さん。
どんなところでしょう。
ワクワク😃💕




by Taseirap | 2019-12-16 07:30 | 島根県 | Comments(0)

温泉に行くゾ! 『佐白温泉 長者の湯』

島根県仁多郡奥出雲町。
温泉の候補は、3つ。
『亀嵩温泉 玉峰山荘』『斐乃上温泉 斐乃上荘』
そして『佐白温泉 長者の湯』。
いずれも奥出雲美肌温泉。
美白・美肌の湯で、つるつるのお肌に。
佐白温泉は日帰り入浴だけで、宿泊はできません。

温泉に行くゾ! 『佐白温泉 長者の湯』_c0325278_17581521.jpg






でも、目の前に『奥出雲多根自然博物館』があります。
この博物館は宿泊もできるそうです。



温泉のぬるめのお湯は、いくらでも入れそうです。
これで400円。
コスパが良すぎる。


温泉に行くゾ! 『佐白温泉 長者の湯』_c0325278_17584970.jpg

奥出雲町の上空は、やたら飛行機が飛ぶ。
正確には、空が広いから飛行機雲が長く残る。
亀嵩(かめたけ)駅の上なんて、こんな様子。
楽しい空。

温泉に行くゾ! 『佐白温泉 長者の湯』_c0325278_17594720.jpg








by Taseirap | 2019-11-11 07:30 | 島根県 | Comments(0)

鉄道での旅

ラグビーWカップ。
ニュージーランドが去ってしまった。
キャプテンのメッシのような人と、
ハカのあっかんべーのリーダーさん、
さようなら。
残念です。
となると、優勝はどこ?
強いチームばかりだから、にわかファンには全く不明。


さてさて。
いつもは自動車で旅行するので、荷物の重さは
あまり考えたことがありません。
今回は 新幹線での2泊3日国内旅行。
自分で持ちます。(← こらこらゞ(`´ )当たり前!)

まずは 自分用の小さい肩掛けバッグに、
スマホICOCA、お財布。
ハンカチ、ティッシュ、リップ。
切符。折り畳み傘。手帳とペン。
バッグは デイバッグが楽と聞きますので、
いま さりげなく背負えそうな物を 探し中です。

(イッセイミヤケのバオバオのフラットなデイバッグがほしい。
お洒落過ぎかな?
マーク ジェイコブズの小さめ黒リュックくらいが使い良いでしょうか?
誰か教えて。)

関西の駅での乗り換えは、階段が多いので
キャリーケースは意外と大変。
旅行用のバッグ(中)を2つ。
可能な限り最小限の荷物にします。
軽さが1番。

お化粧品も厳選して 少しだけ。
ローション類はコットンに含ませて、
ジプロックに入れました。
コンビニで買っても良いのですが、
慣れたのが気楽です。
日焼け止めとお薬(葛根湯と胃薬)。
本は、スマホで読みましょう。
充電器も 一応持参。
京都で宿泊した『ホテルサンルート京都木屋町』は
新しいので 部屋にありました。
助かりますね。

鉄道での旅_c0325278_14310948.jpg

足元は スニーカー
3日で4万歩 歩いたので、正解でした。
違和感のあったスカートにスニーカーも、
だいぶんなれました。

衣類のチョイスは 苦手です。
10月の下旬の京都は、10-20℃、雨。
台風の影響も と ワケわからん。
行けば、周囲は長袖Tシャツか、半袖に綿シャツ、
Tシャツにジャケットでした。
外国の人は 半パンツにTシャツにダウンという格好の人も。
私と同様に迷ったのでしょうか?
湿度の低い海外と日本とでは、同じ気温でも全然違います。
アジアは蒸します。(ヒ)ューミッド humidです。
さすがに ダウンジャケットは暑くないかな。

鉄道での旅_c0325278_16591856.jpg

私も この2枚は 結局使いませんでした。
ムダな重さでした。

ホテルには、パジャマと歯ブラシがあるから助かります。


鉄道での旅_c0325278_14332879.jpg


旅の途中でマッサージを入れるのも大切。
私は帰る直前に、『大阪駅前第3ビル』でしました。
(なんと30分1800円!)
もっと早く しておけば良かった。

あと、時々自由時間を入れること。
お互いに好きなように過ごす時間が、夫婦には必要です。

帰る日には、荷物を詰め替えて 重いバッグを
コンビニから宅急便で自宅に送りました。
帰路は楽チンでした。


by Taseirap | 2019-10-27 07:30 | 日本の旅 | Comments(0)

Nipponia Hotel (ニッポニア ホテル) 竹原

竹原の街を歩いていると、古新しい物がいくつかできています。

一番目を引いたのは、『ニッポニア ホテル』。

Nipponia Hotel (ニッポニア ホテル) 竹原_c0325278_17074411.jpg

Nipponia Hotel (ニッポニア ホテル) 竹原_c0325278_17082480.jpg

8月1日に、オープンしたそうです。
竹原の街並み保存地区に溶け込むように、古民家ホテル。
1泊2食で3万円前後。3棟あるそうです。


JALのCMで、人気音楽グループがロケした竹原。

Nipponia Hotel (ニッポニア ホテル) 竹原_c0325278_17113299.jpg

隠れたハートを見つけたり

Nipponia Hotel (ニッポニア ホテル) 竹原_c0325278_17094593.jpg
すぐに見つかるところ


映画『たまゆら』の登場人物の家(?)でお茶したり

Nipponia Hotel (ニッポニア ホテル) 竹原_c0325278_17121853.jpg
ランチもカフェも可能


Nipponia Hotel (ニッポニア ホテル) 竹原_c0325278_17132104.jpg


Nipponia Hotel (ニッポニア ホテル) 竹原_c0325278_17151688.jpg


ここを拠点に 大久野島や尾道、呉に移動もできますね。
私もいつか泊まってみたいです。
まずは レストランのランチから。

庄原市に「せとうち古民家ステイズ」の『長者屋』など
農家の造りを生かした1棟貸しの宿もできたり、
県内に泊まりたいところが増えました。


by Taseirap | 2019-10-04 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

馬路温泉

馬路村に着きました。
道中の川沿いの道は、あちこちで工事中。
台風や大雨の被害の修復作業のようです。
広島もまだなおしていますよ。
お互い大変ですね。

片側交互通行や、時間規制もありました。
木材を積んだトラックが行き交います。

景色がとてもきれいな村は、
馬路村農業協同組合の活躍でも有名ですね。
「馬路村のゆずポン酢」は、ずっと大好きです。


馬路温泉_c0325278_17510289.jpg
入り口に白い旗


馬路温泉_c0325278_17532303.jpg
おとり鮎 1匹500円


馬路温泉_c0325278_17522539.jpg

お湯はかなり良い! 
おすすめ温泉



馬路温泉_c0325278_17545686.jpg
どれにしようかな

馬路温泉_c0325278_18121528.jpg
さすが本場 ゆず尽くし

結果 2本も飲んでしまった!


馬路温泉_c0325278_17543066.jpg

休憩室


馬路温泉_c0325278_17562498.jpg
天井を見るうちに


馬路温泉_c0325278_17571830.jpg
爆睡


馬路温泉_c0325278_17583933.jpg
レストランのテラスでビールも飲めます
風が気持ち良い


馬路温泉_c0325278_17591807.jpg
宿泊施設も完備の村


馬路温泉_c0325278_18000792.jpg
鮎釣りの道具


馬路温泉_c0325278_18012534.jpg
夏休みに子どもさんと いかがですか?






by Taseirap | 2019-07-06 07:30 | 高知県 | Comments(0)

『紅葉温泉』(三好市)

四国は深い山の海。

『紅葉温泉』(三好市)_c0325278_17154670.jpg

青いグラデーションの山並みが 幾重にも重なり、
広がる方向は 空しかないような錯覚に陥ります。

さて、次の温泉は
『祖谷渓温泉 ホテル秘境の湯』にするか
『紅葉温泉』にするか。

祖谷というと、大歩危・小歩危、かずら橋。
平家の落人伝説の残る山里。
何度か行きました。
徳島県は、農家民宿も人気で
なかなか予約がとれないそうですね。



祖谷の温泉は、日帰りバスツアーで、お友達と行きましたよ。
今回は『紅葉温泉(ふれあい紅葉センター)』にしましょうか。




四国は、美肌系温泉が多いみたいです。
泉質はそれぞれ差がありますが、アルカリ性単純硫黄温泉は
肌触りがトロトロ。
美肌効果、神経痛やリューマチに効能あり。
こちらのお湯も とろみがあります。
湯上がりのお肌はつるつるです。

『紅葉温泉』(三好市)_c0325278_17243555.jpg

お風呂からも緑が見えて 癒されます。
「四国はすべて山の中である。」
と、藤村を真似てみます。

四国の、遠目には緑豊かな山々、実は…

『紅葉温泉』(三好市)_c0325278_17274927.jpg

岩だらけなのですね。
びっくりです。
水が美味しいわけです。




More夜明け前 島崎藤村
by Taseirap | 2019-06-30 07:30 | 徳島県 | Comments(0)

『馥品大飯店(フルスプリングホテル)』台中市

台中市のホテルは
品大飯店(フルスプリングホテル)』。

『馥品大飯店(フルスプリングホテル)』台中市_c0325278_08452836.jpg
ロビー
台中市には 自転車の『ジャイアント』本社がある







ホテルは 街なかで適度に生活感がある立地。
エレベーターが2基というところ以外は 合格。
(朝の食事時が混雑するので)

『馥品大飯店(フルスプリングホテル)』台中市_c0325278_08512505.jpg


『馥品大飯店(フルスプリングホテル)』台中市_c0325278_08463449.jpg


『馥品大飯店(フルスプリングホテル)』台中市_c0325278_08472978.jpg
バスタブ、トイレ、シャワーが1部屋
(ガラスで仕切り)


台中市は、最近開発が進む地域だそうです。
台北周辺ほど高くなく、街づくりが計画的で
建築ラッシュでした。
家具屋さんも多いです。


『馥品大飯店(フルスプリングホテル)』台中市_c0325278_08501822.jpg
マンションの案内看板


ホテルの周りは、もう街ができて
落ち着いているので

『馥品大飯店(フルスプリングホテル)』台中市_c0325278_08485876.jpg

『馥品大飯店(フルスプリングホテル)』台中市_c0325278_08523680.jpg



『馥品大飯店(フルスプリングホテル)』台中市_c0325278_08590462.jpg


『馥品大飯店(フルスプリングホテル)』台中市_c0325278_08530445.jpg

のんびりした環境です。
朝のお散歩にちょうど良い。



by Taseirap | 2019-05-08 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

高雄 85スカイタワーホテル

日本は長い連休がやっとあけました。
皆さまお疲れさま。
長男は10連休だったGW 。
次男は10連勤。
笑ってしまいました。
本人も笑っていました。

年金生活を送る友人は
「終わる休みがあって良いわね。」
含蓄が深すぎて返す言葉がありません。
嫌でも 喜んで しっかり働きます~。

さて、ブログでは台湾の話が続きますよ。

私は高所があまり好きではありません。
でも、こちらは全く平気でした。
中途半端に高いのが、怖かったみたいです。
高雄のランドマーク、85スカイタワーホテル。

高雄 85スカイタワーホテル_c0325278_09012058.jpg


高雄 85スカイタワーホテル_c0325278_09015020.jpg

高雄 85スカイタワーホテル_c0325278_09021787.jpg


高雄 85スカイタワーホテル_c0325278_09071890.jpg
わーい。台湾バナナ!
… ふつう
(フィリピンバナナだと思う)


窓の外は さすがのランドビュー。

高雄 85スカイタワーホテル_c0325278_09085695.jpg



高雄 85スカイタワーホテル_c0325278_09101709.jpg

高雄 85スカイタワーホテル_c0325278_09033872.jpg

高雄 85スカイタワーホテル_c0325278_09041884.jpg
バスタブもありますが


高雄 85スカイタワーホテル_c0325278_09105483.jpg
シャワーは必ずあります

むしろ逆ですね
“バスタブもあります”



夜景は文句なし。


高雄 85スカイタワーホテル_c0325278_09050282.jpg

高雄 85スカイタワーホテル_c0325278_09061750.jpg
ファミマのドライフルーツはかなり高レベル
お土産にするのは こちらでもまったく遜色ないかも

むしろ こっちの方が安心して食べられる人も?




ホテルの朝食バイキングは美味しくて有名。
地元の人も食べに来られるそうです。



by Taseirap | 2019-05-07 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

圓山大飯店(台北)

圓山(まるやま)大飯店というと、巨大な赤い建物。
台北市内から少し離れて、故宮博物館に近い立地。
山の緑をバックに知らない人でも
『あれなに?』の威風堂々。

圓山大飯店(台北)_c0325278_20323870.jpg





圓山大飯店(台北)_c0325278_20074976.jpg

The grand hotel と、タクシーで伝えれば良いそうです。
グランドホテルは、本来はその土地で1番のホテルという意味だそうです。

圓山大飯店(台北)_c0325278_18242240.jpg

圓山大飯店(台北)_c0325278_20334587.jpg
蘭は 本物でした!

圓山大飯店(台北)_c0325278_20304401.jpg


圓山大飯店(台北)_c0325278_20085422.jpg







 圓山大飯店は1952年に蒋介石夫人である宋美齡氏が
建てた、台湾第1号の5つ星ホテルです。
圓山の中腹に高く聳え、前方は基隆河、後方は陽明山、
東は松山、西は淡水が一望できます。
14階建て中国宮殿様式の本館は、赤い柱と金の瓦の
堂々たる優雅な外観、豪華絢爛でクラシカルな雰囲気が
オリエンタルな芸術的美しさを際立たせており、
台北市を代表するランドマークの1つです。
 500室の客室、中華料理海外の洗練された料理を楽しめる
4軒のレストラン、及び大型宴会ホールを有し、
各種美食をご堪能いただけます。
台北市の高地にあり、昼は台北の景観、夜は静かな夜景を
一望でき、ノスタルジックとモダンが絶妙に交差する空間を
お楽しみいただけます。

だそうです。
日本統治時代は、神社だったところです。
広い敷地内にプールもあるので、夏休みのちびっこもきっと大喜び。

圓山大飯店(台北)_c0325278_20195527.jpg

圓山大飯店(台北)_c0325278_20203704.jpg



圓山大飯店(台北)_c0325278_20220980.jpg

圓山大飯店(台北)_c0325278_20225917.jpg


圓山大飯店(台北)_c0325278_20253636.jpg


お部屋のベランダから広がる台北の夜景。


圓山大飯店(台北)_c0325278_20192367.jpg

圓山大飯店(台北)_c0325278_20235867.jpg


翌朝は晴れ。
でも、PM2.5で霞んでいます。
グーグルの天気予報は 霧でした。



圓山大飯店(台北)_c0325278_20164210.jpg



by Taseirap | 2019-05-05 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

『きのえ温泉 ホテル清風館』へ

では、そろそろお風呂に。
『きのえ温泉 ホテル清風館』は、日帰り入浴は
できるのかしら?
お尋ねしてみましょう。

『きのえ温泉 ホテル清風館』へ_c0325278_07360161.jpg


島の高台にホテルはあります。
玄関先には、


『きのえ温泉 ホテル清風館』へ_c0325278_08175245.jpg
話題の日産のニューモビリティ


『きのえ温泉 ホテル清風館』へ_c0325278_07381947.jpg
電気自動車



『きのえ温泉 ホテル清風館』へ_c0325278_07390546.jpg
前後で二人乗りでした


『きのえ温泉 ホテル清風館』へ_c0325278_08183483.jpg
Zero Emission



乗りたかったです。
バイクくらいの大きさでした。

日帰り入浴は、お聞きしたら700円で可能でした。
おそらく、お泊まり客のチェックアウトから
チェックインまでの何時間かがオーケーなのでは?
フロントの方も上品です。

『きのえ温泉 ホテル清風館』へ_c0325278_07461779.jpg


これはロビーからの眺めですが、お風呂からも
同じような景色が見えました。
大きなお風呂がひとつと、露天風呂がふたつ。
露天風呂は塩湯でした。
レモンが浮き沈みするレモン湯と、
海を行く船と四国の石鎚山が見える海風呂。


『きのえ温泉 ホテル清風館』へ_c0325278_07514003.jpg
(これもロビーからの眺めです)


波もなく穏やかな瀬戸内海。
夕焼けも見たいから、次はお泊まりしたいです。






More
by Taseirap | 2018-12-22 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る