タグ:ホテル ( 40 ) タグの人気記事

馬路温泉

馬路村に着きました。
道中の川沿いの道は、あちこちで工事中。
台風や大雨の被害の修復作業のようです。
広島もまだなおしていますよ。
お互い大変ですね。

片側交互通行や、時間規制もありました。
木材を積んだトラックが行き交います。

景色がとてもきれいな村は、
馬路村農業協同組合の活躍でも有名ですね。
「馬路村のゆずポン酢」は、ずっと大好きです。


c0325278_17510289.jpg
入り口に白い旗


c0325278_17532303.jpg
おとり鮎 1匹500円


c0325278_17522539.jpg

お湯はかなり良い! 
おすすめ温泉



c0325278_17545686.jpg
どれにしようかな

c0325278_18121528.jpg
さすが本場 ゆず尽くし

結果 2本も飲んでしまった!


c0325278_17543066.jpg

休憩室


c0325278_17562498.jpg
天井を見るうちに


c0325278_17571830.jpg
爆睡


c0325278_17583933.jpg
レストランのテラスでビールも飲めます
風が気持ち良い


c0325278_17591807.jpg
宿泊施設も完備の村


c0325278_18000792.jpg
鮎釣りの道具


c0325278_18012534.jpg
夏休みに子どもさんと いかがですか?






by Taseirap | 2019-07-06 07:30 | 高知県 | Comments(0)

『紅葉温泉』(三好市)

四国は深い山の海。

c0325278_17154670.jpg

青いグラデーションの山並みが 幾重にも重なり、
広がる方向は 空しかないような錯覚に陥ります。

さて、次の温泉は
『祖谷渓温泉 ホテル秘境の湯』にするか
『紅葉温泉』にするか。

祖谷というと、大歩危・小歩危、かずら橋。
平家の落人伝説の残る山里。
何度か行きました。
徳島県は、農家民宿も人気で
なかなか予約がとれないそうですね。



祖谷の温泉は、日帰りバスツアーで、お友達と行きましたよ。
今回は『紅葉温泉(ふれあい紅葉センター)』にしましょうか。




四国は、美肌系温泉が多いみたいです。
泉質はそれぞれ差がありますが、アルカリ性単純硫黄温泉は
肌触りがトロトロ。
美肌効果、神経痛やリューマチに効能あり。
こちらのお湯も とろみがあります。
湯上がりのお肌はつるつるです。

c0325278_17243555.jpg

お風呂からも緑が見えて 癒されます。
「四国はすべて山の中である。」
と、藤村を真似てみます。

四国の、遠目には緑豊かな山々、実は…

c0325278_17274927.jpg

岩だらけなのですね。
びっくりです。
水が美味しいわけです。




More夜明け前 島崎藤村
by Taseirap | 2019-06-30 07:30 | 徳島県 | Comments(0)

『馥品大飯店(フルスプリングホテル)』台中市

台中市のホテルは
品大飯店(フルスプリングホテル)』。

c0325278_08452836.jpg
ロビー
台中市には 自転車の『ジャイアント』本社がある







ホテルは 街なかで適度に生活感がある立地。
エレベーターが2基というところ以外は 合格。
(朝の食事時が混雑するので)

c0325278_08512505.jpg


c0325278_08463449.jpg


c0325278_08472978.jpg
バスタブ、トイレ、シャワーが1部屋
(ガラスで仕切り)


台中市は、最近開発が進む地域だそうです。
台北周辺ほど高くなく、街づくりが計画的で
建築ラッシュでした。
家具屋さんも多いです。


c0325278_08501822.jpg
マンションの案内看板


ホテルの周りは、もう街ができて
落ち着いているので

c0325278_08485876.jpg

c0325278_08523680.jpg



c0325278_08590462.jpg


c0325278_08530445.jpg

のんびりした環境です。
朝のお散歩にちょうど良い。



by Taseirap | 2019-05-08 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

高雄 85スカイタワーホテル

日本は長い連休がやっとあけました。
皆さまお疲れさま。
長男は10連休だったGW 。
次男は10連勤。
笑ってしまいました。
本人も笑っていました。

年金生活を送る友人は
「終わる休みがあって良いわね。」
含蓄が深すぎて返す言葉がありません。
嫌でも 喜んで しっかり働きます~。

さて、ブログでは台湾の話が続きますよ。

私は高所があまり好きではありません。
でも、こちらは全く平気でした。
中途半端に高いのが、怖かったみたいです。
高雄のランドマーク、85スカイタワーホテル。

c0325278_09012058.jpg


c0325278_09015020.jpg

c0325278_09021787.jpg


c0325278_09071890.jpg
わーい。台湾バナナ!
… ふつう
(フィリピンバナナだと思う)


窓の外は さすがのランドビュー。

c0325278_09085695.jpg



c0325278_09101709.jpg

c0325278_09033872.jpg

c0325278_09041884.jpg
バスタブもありますが


c0325278_09105483.jpg
シャワーは必ずあります

むしろ逆ですね
“バスタブもあります”



夜景は文句なし。


c0325278_09050282.jpg

c0325278_09061750.jpg
ファミマのドライフルーツはかなり高レベル
お土産にするのは こちらでもまったく遜色ないかも

むしろ こっちの方が安心して食べられる人も?




ホテルの朝食バイキングは美味しくて有名。
地元の人も食べに来られるそうです。



by Taseirap | 2019-05-07 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

圓山大飯店(台北)

圓山(まるやま)大飯店というと、巨大な赤い建物。
台北市内から少し離れて、故宮博物館に近い立地。
山の緑をバックに知らない人でも
『あれなに?』の威風堂々。

c0325278_20323870.jpg





c0325278_20074976.jpg

The grand hotel と、タクシーで伝えれば良いそうです。
グランドホテルは、本来はその土地で1番のホテルという意味だそうです。

c0325278_18242240.jpg

c0325278_20334587.jpg
蘭は 本物でした!

c0325278_20304401.jpg


c0325278_20085422.jpg







 圓山大飯店は1952年に蒋介石夫人である宋美齡氏が
建てた、台湾第1号の5つ星ホテルです。
圓山の中腹に高く聳え、前方は基隆河、後方は陽明山、
東は松山、西は淡水が一望できます。
14階建て中国宮殿様式の本館は、赤い柱と金の瓦の
堂々たる優雅な外観、豪華絢爛でクラシカルな雰囲気が
オリエンタルな芸術的美しさを際立たせており、
台北市を代表するランドマークの1つです。
 500室の客室、中華料理海外の洗練された料理を楽しめる
4軒のレストラン、及び大型宴会ホールを有し、
各種美食をご堪能いただけます。
台北市の高地にあり、昼は台北の景観、夜は静かな夜景を
一望でき、ノスタルジックとモダンが絶妙に交差する空間を
お楽しみいただけます。

だそうです。
日本統治時代は、神社だったところです。
広い敷地内にプールもあるので、夏休みのちびっこもきっと大喜び。

c0325278_20195527.jpg

c0325278_20203704.jpg



c0325278_20220980.jpg

c0325278_20225917.jpg


c0325278_20253636.jpg


お部屋のベランダから広がる台北の夜景。


c0325278_20192367.jpg

c0325278_20235867.jpg


翌朝は晴れ。
でも、PM2.5で霞んでいます。
グーグルの天気予報は 霧でした。



c0325278_20164210.jpg



by Taseirap | 2019-05-05 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

『きのえ温泉 ホテル清風館』へ

では、そろそろお風呂に。
『きのえ温泉 ホテル清風館』は、日帰り入浴は
できるのかしら?
お尋ねしてみましょう。

c0325278_07360161.jpg


島の高台にホテルはあります。
玄関先には、


c0325278_08175245.jpg
話題の日産のニューモビリティ


c0325278_07381947.jpg
電気自動車



c0325278_07390546.jpg
前後で二人乗りでした


c0325278_08183483.jpg
Zero Emission



乗りたかったです。
バイクくらいの大きさでした。

日帰り入浴は、お聞きしたら700円で可能でした。
おそらく、お泊まり客のチェックアウトから
チェックインまでの何時間かがオーケーなのでは?
フロントの方も上品です。

c0325278_07461779.jpg


これはロビーからの眺めですが、お風呂からも
同じような景色が見えました。
大きなお風呂がひとつと、露天風呂がふたつ。
露天風呂は塩湯でした。
レモンが浮き沈みするレモン湯と、
海を行く船と四国の石鎚山が見える海風呂。


c0325278_07514003.jpg
(これもロビーからの眺めです)


波もなく穏やかな瀬戸内海。
夕焼けも見たいから、次はお泊まりしたいです。






More
by Taseirap | 2018-12-22 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

『日奈久(ひなぐ)温泉』

日奈久温泉にやってきました。
地元出身の友人によると、
「『金波楼』にとまらっせ。あこでん、よかー!」
きんぱろう?

c0325278_15042016.jpg

c0325278_15045091.jpg

c0325278_15052339.jpg


よかね!
よかよか~。
でも、予約取れませんでした。

そこで、『浜膳旅館』に。
ここもラス1の部屋でした。
人気です 日奈久温泉。
浜膳旅館は、料理と部屋が人気らしいです。

c0325278_15081944.jpg

ビルみたいですね。
エレベーターで2階のフロントに。
お部屋が、びっくり!

c0325278_15093406.jpg

畳数はたくさんですが、実感は
3畳くらい?
ところが、ガラス戸の向こう側にお風呂!

c0325278_15110847.jpg

c0325278_15123593.jpg

6畳、いやもっとあるかも。
贅沢~。
そして、アンバランス。

この旅館は、全部で12の部屋。
全部屋に源泉掛け流しの半露天風呂つき。
24時間 いつでも好きなときに入れます。


c0325278_15140215.jpg

c0325278_15143526.jpg

柔らかいお湯が すべすべお肌にしてくれそう。
『湯船プラス脱衣室』のような不思議なお部屋ですが、
この割り切りは ありかも。

さあ、期待の晩御飯。

c0325278_15184383.jpg



お品書きが、食欲をそそります。
(予約で、一番軽いコースにしました。)

c0325278_15203273.jpg

お魚がメインです。

c0325278_15165070.jpg

c0325278_15173997.jpg

c0325278_15181093.jpg

c0325278_15190890.jpg

c0325278_10020355.jpg

c0325278_15193538.jpg

大満足!

朝御飯もすてき。

c0325278_15232886.jpg

c0325278_15240333.jpg

1泊2食で、お酒も追加して、お支払は
ひとり10000円切りました。
信じられない。

(なのに、地元民だった友人は「高い。」
九州人は温泉長者。贅沢です~。)







by Taseirap | 2018-04-10 07:30 | 熊本県 | Comments(0)

温泉と焼酎と桜の旅のはじまり

都城で肉をむさぼり、温泉デトックス効果も薄まり、
ここから怒涛の『温泉と焼酎と桜の旅』がスタート。

鹿児島市の温泉というと、指宿の砂蒸しなど有名ですね。
憧れの霧島温泉に妙見温泉。
ー だけではなく、市内に小さい温泉もあるそうです。
源泉は270か所以上もあるといわれ、市内全体が
温泉場ともいえます。
公衆浴場は60か所。
銭湯でも湯は温泉。

よかお湯じゃあんどん、そらおそろしかとこいなあ。
贅沢すぎもすよ。

c0325278_19591901.jpg


私の目的は、『天文館むじゃき』。
しろくまのかき氷アイスをこよなく愛しますので、
一度本物を食べてみたい。

野望を抱えつつ、荷物と車を置きに
ホテルへGO。
宿は『リッチモンドホテル 鹿児島金生町』です。
駐車場は、一泊1000円で、ホテルのすぐ横。
(荷物を運ぶのに助かりました。)

デパートの『山形屋(やまかたや)』の真ん前。
(なにかと便利でした。)

c0325278_21184009.jpg

同じくリッチモンドホテルの『鹿児島天文館』は、
ほんとうに天文館通りの真ん中にあり、
夜飲み重視したい派は、そちらが便利かも?


c0325278_20053068.jpg
c0325278_20120838.jpg


c0325278_20113758.jpg


十分な広さで、貸し出しのスマホまで完備。

それと、スタッフさんが感じが良いです。
特に年配の女性たち。




さて、天文館に歩いて行って、念願の『むじゃき』へ。
訪日外国人さんたちの隣で、私も写真を撮る。

c0325278_20292672.jpg

喫茶店をイメージしていたら、ビルでした!
地下1階、地上5階。
各フロアは、薩摩鉄板焼き、白熊菓琲、カジュアルレストラン、
和食の味処、事務所。

c0325278_20042249.jpg


『ということは、2階?』と思って、行くと
メニューには、おいしそうなオムレツやパスタ。
「白熊だけでも良いですか?」
と聞いたら、OK。

後で確認したら、何階のお店に入っても、
白熊を食べることは可能ですって。

メニューには、白熊には普通サイズと
スモールサイズがあって、
スモールサイズは一人で召し上がれ と。

友達とシェアするなら、普通サイズみたいね。


c0325278_20352878.jpg


c0325278_20361827.jpg
のせたわ、プリン!



デトックス効果が無事消える。

でも、本物のしろくまの味は、これか~。
コンビニのとは違うな~。
どう違うかは、ぜひ、自分で経験してみてください。

ここ以外にも、あちこちのお店で
白熊は食べられるんですね。
クロクマやアカクマもあるんですね。


小さい紫芋のお饅頭(?)も入っていたりして、

奥深いです、白熊!








ところで、例の木の芽が花開いたようです。

c0325278_11125150.jpg

わー、可愛い❤
… たぶんトサミズキ。



More
by Taseirap | 2018-03-29 07:30 | 鹿児島県 | Comments(0)

温泉宿のあれこれ

別府には、20年ぶりに来ました。
当時は広島の宇品港からフェリーが出ていたので、
家族で個室を取り、ベッドで寝て
朝起きたら別府港。
それから、車で湯布院や阿蘇に回りました。
子犬のような息子たちが可愛かったです。
(遠い想い出)

いまは、九州の高速道路が便利につながり
別府まで広島から5-6時間で着きます。
格段に近いです。
今回は、道中の中津の道の駅で寄り道して、
食材を手に入れてきました。

c0325278_14204678.jpg

c0325278_14223470.jpg

c0325278_05311867.jpg

宿で ひたすら蒸す!
なべ、釜、包丁、まな板…調理道具は全てあります。
共同の冷蔵庫も。

c0325278_14254801.jpg

c0325278_14240437.jpg

c0325278_14245305.jpg

c0325278_14291475.jpg

c0325278_14263600.jpg

足りないものは、宿の隣の『ことぶきや』へ。

c0325278_14273092.jpg

いいわー、ことぶきや。
茹でるもの全てに、ティッシュペーパーも洗剤もある。

宿のお風呂は(7-23時)いつでもはいれます。
1泊無食お布団つきで、ひとり¥3500。

c0325278_14375993.jpg

c0325278_14365048.jpg

近くに、無料、百円、510円の温泉がたくさん。
鉄輪温泉 楽しい。

c0325278_14384399.jpg


by Taseirap | 2018-03-23 07:30 | 大分県 | Comments(0)

大分県 別府 鉄輪温泉に

念願の 九州の湯治旅。
旅の主な目的は、地獄蒸し(と、ダイエット)。
食べることと痩せることは、はたして
両立するのでしょうか?

高速道路を降りて、野焼きで黒くなった山肌を
遠目に見ながら走ると、明礬温泉。
硫黄の匂いがします。
別府湾が白く霞んで、ウグイスも鳴いています。

鉄輪温泉の宿に着いたら、早速。

c0325278_14030441.jpg

c0325278_14040525.jpg

温泉の宿の蒸気で蒸すと、素材の味そのまま。

c0325278_15051530.jpg

ゆで卵もブロッコリーもいかシュウマイも
すごくおいしい。

c0325278_14062035.jpg

c0325278_14065826.jpg

c0325278_14082298.jpg

お釜で炊いた黒豆赤飯。
焦げ付かないので、失敗なし。

c0325278_14084841.jpg

鉄輪温泉『陽光荘』は、
1階にも2階にも蒸気の釜があり、
人が多くて調理できないことはありません。
スチームが部屋に通っているから、
ぽかぽか。
室温22℃。
半袖で寝てしまいます。

c0325278_13582572.jpg

正面のお玄関横に駐車場。
ふだんは、裏口から出入りします。

c0325278_13552703.jpg

c0325278_13563283.jpg

c0325278_13515079.jpg

c0325278_15062911.jpg

町全体がふんわりと温かい。




by Taseirap | 2018-03-22 07:30 | 大分県 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る