タグ:台北市 ( 3 ) タグの人気記事

故宮博物館 家具

故宮博物館に皇帝の書斎があります。
清代恭親王府に置かれていた紫檀家具。
17-18世紀の様式が表れているそうですが、
想像よりも質素な印象でした。


c0325278_13445047.jpg
書斎
玉座は『雲龍文束腰玉座』龍の彫刻入り

c0325278_13494189.jpg
居間
中央の椅子が『雲龍文束腰羅漢床』




お机には水差しと筆。
壁には、貴石の花。枯れないように。
ミュージアムのショップには、文房四宝として
いくつか販売してありました。
文房四宝ぶんぼうしほう)は、中国文人の文房趣味のひとつ。
“筆墨硯紙”の四つを指すそうです。
別に 文房四友(ぶんぼうしゆう)という言い方もあるそうです。

水差しは、4宝には入らないのね。
皇帝の机に、大と小の2つもあったのに。
文鎮もすごいお宝風でした。


  

  



皇帝は、食事の際にお毒味役がつくのはもちろん、
たくさんのお皿から何口食べたかを
カウントする役目の人もいたそうです。
同じ品を3回目に箸を伸ばすと
「陛下、3口目でございます。」
と、ストップがかかります。

『執着』を防ぐためだそうです。

怖い。

好きなものは好きでしょ。
美味しいなら たくさん食べても良いじゃないの。

ダメでございます。

執着はいけません。
意志をもたないお人形さんでなければ。
あるいは、感情に左右されない賢君でなければ。

博物館にたくさんあった宝石の技巧を尽くしたおもちゃ。
宝石とはいえ、石よね。
重いし冷たいし…。
なんだか可哀想な気がしました。
皇帝になるのも大変ね。

さて、書道のことですが、中国ではその昔
子供たちはバケツ一杯の水で字の練習をしたそうです。
1日1万字。
勉強が終わって、もしも水が余れば墨が薄かった。
逆に水が足りなくなれば、墨が濃すぎたから。
墨の使いすぎということ。
毎日ちょうど良くするのが大切なのね。

皇帝といえども学ぶときには同様。
たださすがにバケツではなく、高級な水いれ
高級な水差し、高級な硯に筆。

これら高級なものも残っています。
博物館の売店にレプリカを売っています。
ネットでも買えるみたいです。
綺麗です。
綺麗だけど、我が子だったらやっぱり可哀想。

勉強という孤独な作業は、現代の子どもたちもしているけれど
金の水差しの寂しさはまた別格だろうと…。
科挙の試験を受けて入った周囲の官僚は、
物凄い切れ者だらけでしょう。
台南で昔の科挙の試験の最高点の答案を見たけれど、
その字の美しさたるや!
まるで筆で書いた活字。
ザ・官僚!

権力者ってほんとに楽しかったのかしら?

by Taseirap | 2019-05-12 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

故宮博物館 漢字

人生で2回目の訪問です。
今回は、白菜も豚の角煮も巡業に出ていて、
ありません。
(白菜なんて3束もあるはずなのに、売り切れ。)
よって、この日のメインのお宝は
象牙のおもちゃ。
正式名は『清 象牙透彫雲龍文套球』。
17層になった象牙球。
退屈された皇帝は、くるくるとまわして
覗かれて遊ばれたそうです。

最近、現代の技術でこれを復元製作しようとして、
ずいぶんがんばったそうですが、
5-6層しか作れない。
一体全体どうやって作ったのか?
今でも謎だそうです。





しかし、白菜(清 翠玉白菜)も
豚肉(清 肉形石)もない。

でも 全くがっかりはしませんよ。
私は、書が好きです。
書道の教科書にあった書が、たくさんたくさんあるんですよ。

ん、なんだ?
『巨匠の面影 張 大千(1899-1983)』企画展。
えー、いらない。
わー、何部屋も使ってる!
ちらっと見て う~ん。

いいさ!
一番好きなのを見に行きましょ。
あるかな~?


c0325278_10582363.jpg
あった!
西周晩期 毛公鼎

c0325278_10585803.jpg
解読してありますよ




おや、主人がなんか熱心に見ていますね。


c0325278_11032817.jpg
c0325278_11040312.jpg
c0325278_11042483.jpg
c0325278_11044572.jpg
c0325278_11050981.jpg
c0325278_11053408.jpg
c0325278_11055517.jpg
睨む の右側ですね
なんて読むのかな?


「兒」は「児」のもとの字だそうです。
日本では、1945年までは「兒童」「小兒」と書きました。


こどもが口を開けて
「うわー!
と、していたのですね。
喉から手か出るほど何か欲しかったのかな?

漢字の成り立ちが、子どもでも、主人でも
分かるように案内されています。


by Taseirap | 2019-05-11 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

台北官庁街の廃屋?

ツアコンさんからの情報ですが、
台北市内で地価が最も高いのは、官庁街及びその周辺だそうです。
理由は安心感。
停電があったとしても、すぐに復旧する。
防犯も手厚い。
色々な面で守られているエリア。

そんな高級エリアに、緑に覆われた
崩れかけた家がポツンポツン。
空き家かな?
廃屋かな?
日本でも 放置すれば 家屋は植物が蔓延りますが、
さすが台湾。亜熱帯。
緑の勢いが違う。
でも、これらは廃屋ではなく、まだ
人が住んでいるそうです。
周囲にお洒落なカフェがあったりすると、
対比してすごいんですけど。

ツアコンさんは、質問されていないのに説明を始める。
(日本人からの質問が多いのかも?)

実は、この家は 蒋介石を慕って
中国本省から来た『退役軍人』の家。
社宅のように(?)住まわせてあげたそうです。

それから、数十年以上経過。
都市として土地が必要になって、その土地を活用したくても
居住者との調整がなかなか上手くいかないようです。
地価がとにかくすごいエリアで、ほしい企業も
多いそうですが…。
立ち退き問題は、時間がかかる大変な問題ですよね。

日本の空き家とひと味違う 台北官庁街の家の問題でした。

c0325278_14280970.jpg


by Taseirap | 2019-05-10 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る