タグ:台湾旅行 ( 30 ) タグの人気記事

台湾のトイレ

さて、最後にお手洗いの話で 
台湾話は落ちます。

4年前ですか、台湾は
『メキシコ同様、水洗トイレに紙は流せない。』
と聞いていました。
下水管が大きくないので、詰まるからだそうです。
なので、お尻を拭いた紙は、備え付けの
ダストボックスに捨てます。

ところが、近年は下水管の整備が進み、
そのまま流せるところが増えました。
昨年の7月から、約8割は流せるそうです。

c0325278_10151904.jpg

これは、どこの写真だか分かりますか?

A. 高速道路のSAのお手洗いです。

サービスエリアでは、100%水洗トイレに紙が流せます。
ちなみに、手を洗うところは、このように↑
外にあります。
(中にもあるところもあります。)


c0325278_10155251.jpg
ずらりと並ぶドア


個室はこんな感じ。

c0325278_10160854.jpg
懐かしい巨大なトイレットペーパーホルダー



このトイレット ペーパーホルダーが、トイレの入り口にあるトイレでは
個室に紙がない恐れがあります。
ぐるぐると手に巻き取って、個室に向かいましょう。


c0325278_10162475.jpg
捨ててもOKの表示でしょう




高級ホテルや高級デパートなどは、
ほとんど流しても大丈夫。

でも、開発が早かった地域は
(史跡。名所。古都。農村。)
どうでしょう?

ツアーなら、ツアコンさんが
”ここのお手洗いは、きれい。流しても大丈夫だから。”
と、案内ルートに組み込んでくださいますが
個人で周るときは、気をつけてください。
トイレの周囲には、何かしらの表示があると思われます。




台湾話に 長々とお付き合いいただき
ありがとうございました。
明日からは、また日常生活に戻ります。

仕事も少し増えて、気になっていたボランティアも
勇気を出して始めました。
暇なときは本当に暇なのに、行事がある時は集中してしまい、
車で移動しながらのランチタイム。
悲しくパンをかじっています。

やりがいとストレスの狭間で、病気がでないように
気をつけなくっちゃ。
一部では インフルエンザや水疱瘡も流行しているみたいですよ。
季節が関係なくなりましたね。



by Taseirap | 2019-05-15 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

台湾のお茶

大好きなお茶の話です。

ツアコンさんが言われたことですが
「よくお客様から
『前に台湾で買ったお茶、貰ったお茶が美味しかったから、
同じものを買いたい。』と言われます。
ありません。
パッケージも変わる。
味も毎年変わります。
飲んでみて、決めてください。」

「『一等茶がほしい。だから、赤い袋ね。』
これも違います。
お店毎に一等茶を入れる袋の色は 違います。
赤、黄色、緑。
お湯を注いで均等に広がる。それがベスト。」

「ティパックがお土産に人気です。
確かに便利ですね。
でも、1杯だけ。
凍頂烏龍茶は、3回注げます。
黒い烏龍茶は安いお茶。
良いお茶は、6回飲めます。」

c0325278_14124421.jpg


「阿里山茶は、1200M以上の山で栽培され、
手作業で作ります。
摘んでから24時間以内に製品にします。
だから高級品。
緑茶に近いけれど、香りは花のようなフルーツのような
なんとも言えない半発酵茶です。
阿里山産が20%入れば、阿里山茶を名乗れます。
%の違いは、すぐにわかります。
値段。」
ちなみに、阿里山というのは 18もの高い山のある地域だそうです。

「1000M以上の高地で栽培された烏龍茶が、高山茶。」

「プーアル茶は、コレステロールを下げます。
烏龍茶は口直しと体内の掃除。
阿里山茶は、お客さまへ。
これらをミックスして淹れたら、爽健美茶。」

「最高級品は、10年物、15年物のプーアル茶。
何万円もしますが、効きます。
袁世凱第一夫人は、毎朝飲んでいました。
大事なことは、飲む時間。
毎日一緒にする事。
体内をリセットして、毒を出します。」


お茶好き、書道好き、食いしん坊には
台湾は楽園かもです。
コーヒーも美味しいです。



by Taseirap | 2019-05-14 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

台湾の車窓から

台湾の高速道路をバスで行きながら、ツアコンさんが
「車窓の景色から、いまどの辺りかがわかります。」
と、言われます。
当然ながら台北市内は大都会。
緑を眺めると、バナナの木がふつうにあったりして
驚きます。
ヤシの木には驚かないのですが、
ソテツや羊蹄木、ガジュマル。
植生の違いが面白いです。


c0325278_14004435.jpg

台中市は、新築マンション多数。
エリア毎に開発イメージがあるそうで、
『軽井沢』と『代官山』があるそうです。
「イメージが伝わりやすいでしょう。」
台湾の人は、日本によくいらっしゃるのね。

私が勉強している国語の通訳の授業では、
「『広島』と『ヒロシマ』のニュアンスは違うから、
気をつけて遣うように。」といわれますよ。
でも、台湾に仮名文字はないので、全然関係ないですね。

台南に向かうと、車窓には緑が広がり
田んぼや畑、魚の養殖場も見えます。
台湾の養魚場は、ため池。
とこぶしやうなぎを育てています。

c0325278_14033924.jpg


その昔、ゴさんとカクさんが 研究して
『ゴカク魚』を作りました。
値段は安いけれど、骨が多く、泥臭い。
庶民の魚でした。
さらに研究が進み、臭みが少なめ、骨も少なめに育て
人気の輸出魚になりました。
その名は『台湾鯛』。
ティラピア、いずみ鯛のことです。
台湾の屋台などでたくさん食べられています。

高雄は、工場の煙突。
古い港もありますが、工場も多いです。
台北市から高雄は、車で五時間半。
500元(2000円)。

台湾の移動は高速道路が便利です。
でも、高速に料金所がありません。
実は、台湾は6年前から、ETC よりもっと進んだ
『Etac(イータック)』採用しています。
細長い1枚のシールを、ガラスに貼っておけば、
道路上のセンサーが自動読み取り、自動支払い。
料金所要らずで渋滞緩和。
タックシールは、普通車なら 運転席と助手席の間に貼るそうです。

今後は、健康保険証を身分証明証と一体化する予定だそうです。
日本よりかなり進んでいるIT化。




More
by Taseirap | 2019-05-13 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

故宮博物館 家具

故宮博物館に皇帝の書斎があります。
清代恭親王府に置かれていた紫檀家具。
17-18世紀の様式が表れているそうですが、
想像よりも質素な印象でした。


c0325278_13445047.jpg
書斎
玉座は『雲龍文束腰玉座』龍の彫刻入り

c0325278_13494189.jpg
居間
中央の椅子が『雲龍文束腰羅漢床』




お机には水差しと筆。
壁には、貴石の花。枯れないように。
ミュージアムのショップには、文房四宝として
いくつか販売してありました。
文房四宝ぶんぼうしほう)は、中国文人の文房趣味のひとつ。
“筆墨硯紙”の四つを指すそうです。
別に 文房四友(ぶんぼうしゆう)という言い方もあるそうです。

水差しは、4宝には入らないのね。
皇帝の机に、大と小の2つもあったのに。
文鎮もすごいお宝風でした。


  

  



皇帝は、食事の際にお毒味役がつくのはもちろん、
たくさんのお皿から何口食べたかを
カウントする役目の人もいたそうです。
同じ品を3回目に箸を伸ばすと
「陛下、3口目でございます。」
と、ストップがかかります。

『執着』を防ぐためだそうです。

怖い。

好きなものは好きでしょ。
美味しいなら たくさん食べても良いじゃないの。

ダメでございます。

執着はいけません。
意志をもたないお人形さんでなければ。
あるいは、感情に左右されない賢君でなければ。

博物館にたくさんあった宝石の技巧を尽くしたおもちゃ。
宝石とはいえ、石よね。
重いし冷たいし…。
なんだか可哀想な気がしました。
皇帝になるのも大変ね。

さて、書道のことですが、中国ではその昔
子供たちはバケツ一杯の水で字の練習をしたそうです。
1日1万字。
勉強が終わって、もしも水が余れば墨が薄かった。
逆に水が足りなくなれば、墨が濃すぎたから。
墨の使いすぎということ。
毎日ちょうど良くするのが大切なのね。

皇帝といえども学ぶときには同様。
たださすがにバケツではなく、高級な水いれ
高級な水差し、高級な硯に筆。

これら高級なものも残っています。
博物館の売店にレプリカを売っています。
ネットでも買えるみたいです。
綺麗です。
綺麗だけど、我が子だったらやっぱり可哀想。

勉強という孤独な作業は、現代の子どもたちもしているけれど
金の水差しの寂しさはまた別格だろうと…。
科挙の試験を受けて入った周囲の官僚は、
物凄い切れ者だらけでしょう。
台南で昔の科挙の試験の最高点の答案を見たけれど、
その字の美しさたるや!
まるで筆で書いた活字。
ザ・官僚!

権力者ってほんとに楽しかったのかしら?

by Taseirap | 2019-05-12 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

故宮博物館 漢字

人生で2回目の訪問です。
今回は、白菜も豚の角煮も巡業に出ていて、
ありません。
(白菜なんて3束もあるはずなのに、売り切れ。)
よって、この日のメインのお宝は
象牙のおもちゃ。
正式名は『清 象牙透彫雲龍文套球』。
17層になった象牙球。
退屈された皇帝は、くるくるとまわして
覗かれて遊ばれたそうです。

最近、現代の技術でこれを復元製作しようとして、
ずいぶんがんばったそうですが、
5-6層しか作れない。
一体全体どうやって作ったのか?
今でも謎だそうです。





しかし、白菜(清 翠玉白菜)も
豚肉(清 肉形石)もない。

でも 全くがっかりはしませんよ。
私は、書が好きです。
書道の教科書にあった書が、たくさんたくさんあるんですよ。

ん、なんだ?
『巨匠の面影 張 大千(1899-1983)』企画展。
えー、いらない。
わー、何部屋も使ってる!
ちらっと見て う~ん。

いいさ!
一番好きなのを見に行きましょ。
あるかな~?


c0325278_10582363.jpg
あった!
西周晩期 毛公鼎

c0325278_10585803.jpg
解読してありますよ




おや、主人がなんか熱心に見ていますね。


c0325278_11032817.jpg
c0325278_11040312.jpg
c0325278_11042483.jpg
c0325278_11044572.jpg
c0325278_11050981.jpg
c0325278_11053408.jpg
c0325278_11055517.jpg
睨む の右側ですね
なんて読むのかな?


「兒」は「児」のもとの字だそうです。
日本では、1945年までは「兒童」「小兒」と書きました。


こどもが口を開けて
「うわー!
と、していたのですね。
喉から手か出るほど何か欲しかったのかな?

漢字の成り立ちが、子どもでも、主人でも
分かるように案内されています。


by Taseirap | 2019-05-11 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

台北官庁街の廃屋?

ツアコンさんからの情報ですが、
台北市内で地価が最も高いのは、官庁街及びその周辺だそうです。
理由は安心感。
停電があったとしても、すぐに復旧する。
防犯も手厚い。
色々な面で守られているエリア。

そんな高級エリアに、緑に覆われた
崩れかけた家がポツンポツン。
空き家かな?
廃屋かな?
日本でも 放置すれば 家屋は植物が蔓延りますが、
さすが台湾。亜熱帯。
緑の勢いが違う。
でも、これらは廃屋ではなく、まだ
人が住んでいるそうです。
周囲にお洒落なカフェがあったりすると、
対比してすごいんですけど。

ツアコンさんは、質問されていないのに説明を始める。
(日本人からの質問が多いのかも?)

実は、この家は 蒋介石を慕って
中国本省から来た『退役軍人』の家。
社宅のように(?)住まわせてあげたそうです。

それから、数十年以上経過。
都市として土地が必要になって、その土地を活用したくても
居住者との調整がなかなか上手くいかないようです。
地価がとにかくすごいエリアで、ほしい企業も
多いそうですが…。
立ち退き問題は、時間がかかる大変な問題ですよね。

日本の空き家とひと味違う 台北官庁街の家の問題でした。

c0325278_14280970.jpg


by Taseirap | 2019-05-10 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

台中市のスーパーマーケット

台湾の台中市で、朝のスーパーマーケットに。

c0325278_08301910.jpg
オーガニック品もあります



24時間営業。
朝7時過ぎなので、お客様は
ほとんどいません。

c0325278_08313263.jpg
西瓜(すいか)の大きさ!

c0325278_08315057.jpg
緑の野菜も充実

c0325278_08321011.jpg
緑のラベルの『台湾ビール」
薄さに慣れるとおいしく感じます

ツアコンさんは、
「スーパーマーケットはまとめて大量売りなので、
コンビニがおすすめです。」
と言われました。
確かに箱売りもありますが、
日本のスーパーマーケットと同じように、
ジュース1本でも買えました。
カードも使えました。


c0325278_08355617.jpg
下の方に1本売り
上の方に箱


c0325278_08353314.jpg

デンタルフロスが大量
✖4円 安っ!


食料品売り場が大好きで、全く飽きません。


c0325278_08351565.jpg
ナッツ充実

c0325278_08404873.jpg
もちろん 醬(ジャン)も

旅行なのに、大量に買いたくなるから
自制が大変。
「メキシコより楽に住めるなあ。」
と、台湾 > メキシコ。


c0325278_08345727.jpg
お米も醤油も



どうしても、同じアジアの国の台湾の方が
気安いです。
でも、そうなると中国語が必要になり
苦しみそうです。

(誰も住めとは言ってない。)


by Taseirap | 2019-05-09 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

『馥品大飯店(フルスプリングホテル)』台中市

台中市のホテルは
品大飯店(フルスプリングホテル)』。

c0325278_08452836.jpg
ロビー
台中市には 自転車の『ジャイアント』本社がある







ホテルは 街なかで適度に生活感がある立地。
エレベーターが2基というところ以外は 合格。
(朝の食事時が混雑するので)

c0325278_08512505.jpg


c0325278_08463449.jpg


c0325278_08472978.jpg
バスタブ、トイレ、シャワーが1部屋
(ガラスで仕切り)


台中市は、最近開発が進む地域だそうです。
台北周辺ほど高くなく、街づくりが計画的で
建築ラッシュでした。
家具屋さんも多いです。


c0325278_08501822.jpg
マンションの案内看板


ホテルの周りは、もう街ができて
落ち着いているので

c0325278_08485876.jpg

c0325278_08523680.jpg



c0325278_08590462.jpg


c0325278_08530445.jpg

のんびりした環境です。
朝のお散歩にちょうど良い。



by Taseirap | 2019-05-08 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

高雄 85スカイタワーホテル

日本は長い連休がやっとあけました。
皆さまお疲れさま。
長男は10連休だったGW 。
次男は10連勤。
笑ってしまいました。
本人も笑っていました。

年金生活を送る友人は
「終わる休みがあって良いわね。」
含蓄が深すぎて返す言葉がありません。
嫌でも 喜んで しっかり働きます~。

さて、ブログでは台湾の話が続きますよ。

私は高所があまり好きではありません。
でも、こちらは全く平気でした。
中途半端に高いのが、怖かったみたいです。
高雄のランドマーク、85スカイタワーホテル。

c0325278_09012058.jpg


c0325278_09015020.jpg

c0325278_09021787.jpg


c0325278_09071890.jpg
わーい。台湾バナナ!
… ふつう
(フィリピンバナナだと思う)


窓の外は さすがのランドビュー。

c0325278_09085695.jpg



c0325278_09101709.jpg

c0325278_09033872.jpg

c0325278_09041884.jpg
バスタブもありますが


c0325278_09105483.jpg
シャワーは必ずあります

むしろ逆ですね
“バスタブもあります”



夜景は文句なし。


c0325278_09050282.jpg

c0325278_09061750.jpg
ファミマのドライフルーツはかなり高レベル
お土産にするのは こちらでもまったく遜色ないかも

むしろ こっちの方が安心して食べられる人も?




ホテルの朝食バイキングは美味しくて有名。
地元の人も食べに来られるそうです。



by Taseirap | 2019-05-07 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

北投石(ほくとうせき)

北投石ってご存じですか?
台湾の北部の温泉、北投温泉で採れる石です。
これがメインの免税店もあるくらい有名な
台湾の特産品です。

石はラジウムを含有し、ブレスレットや
ネックレスに加工して着用すると、
血流を良くして、体内のマイナスイオンを
増加させる働きがあるそうです。

c0325278_09292709.jpg
北投石 (ほくとうせき) 天然ラジウム&マイナスイオン 測定済 ブレスレット パワーストーン 天然石 丸玉
石の数や大きさにもよりますが、
ブレスレットで三万円くらいから ↑ ↑ 。

ツアコンさんの連れて行ってくれた免税店では、
ちゃんと保証書のついた物が販売されています。
しかも、体内のマイナスイオンを測定する機械で、
測定後に自分にぴったり合うパワーの石を
奨めてくれます。
秋田県の玉川温泉も北投石の温泉ですが、
天然記念物で採掘禁止になったので、
今では手に入れにくくなったそうです。

ラジウムは放射性元素なので、
とても大量に浴びたら、当然 害はあります。
が、もともと自然界にあるものです。

北投石の(微量の放射線を浴びることは)体にとって
良い影響をもたらす
(低線量の放射線による)効果のことを
「ホルミシス効果」と呼び、
(現在までに多くの研究や臨床実験がなされている)。
免疫力や自然治癒力を高める働きがある。”
と、説明あり。
… だいぶん飛ばされているわね。

ま、良くわかりませんが
“少量なら薬、大量なら毒”という話でしょうか。
ちなみに、台湾の北投石は、1905年に
地質学者岡本要八郎先生が発見したそうです。

我々夫婦は、マイナスイオン測定器(?)の方に
興味を惹かれてしまいました。
そんなものがあるなんて!
何を根拠に?
その心が災いしたのか、私の手のひらの
測定値は 9。
主人も同じです。
お隣のご夫婦は
「いやだー。278だって。」
「うちは500よ。」
うちは9よ。

なぜか夫婦は同じ数値になるようです。
普通は何百くらいの数値。
(お話では、1200くらいは ほしいらしい。)
これ、夫婦仲の測定器じゃないの?
がっかり😞💨

でも、大丈夫さー。
北投石のブレスレットで手首を何度か擦ると
即座に2500に。
(放射線測定器か?もしくは、磁力じゃない?
こらこら、マイナスイオンと言われたでしょ!
マイナスイオンって、瞬時に激増するのか~。)

初回の数値が低いのが不満で(?)
買わずに帰りました。
ツアコンさん、ごめんなさい。

私は元々 肩凝りがひどいから、
血流とリンパの流れは良くしたい。
北投石、効き目あったのかな?
じみな石の色にトキメキを感じなかったのよね。
河原の石(の粉)だから仕方ないんだけどね。
でも、他のパワーストーン(翡翠や珊瑚等)と
組み合わせてあって、普段使いしても目立たない感じ。
それは良かったかな。

日本で安く売っているのは、本当に効き目があるか
つまり放射線が出ているかどうかが、
はっきりしないらしいです。

免税店なら、
①体内のマイナスイオンを計る機械がある。9
②石にラジウムが入っているかどうか、測定する機械がある。
③保証書つき。
だそうです。


主人はマイナスイオンそのものに、クスッと
笑う嫌なやつです。
自分には肩凝りはない!と言い張ります。
気がつかないだけだと思います。

台湾では、免税店で販売されている携帯用の
お茶のボトルが実は陶器製で、
トルマリンが表面に使われていたりして、
健康にとても関心がある印象を受けました。
肩こりは万病の元なんですって。

あと、肥満
(10歳時に肥満上位5%に入ると、健康合宿に呼ばれる)
油っこい調理
(自宅でする揚げ物が主婦の肺癌の原因といわれている)
pm 2.5
(新築マンションでは対応策がとられる)
も、良くないそうです。


いつまでも元気で、春には桜を愛でたいものですが…。


c0325278_17114487.jpg
広島県庄原市 東城町小奴可の要害桜






by Taseirap | 2019-05-06 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る