タグ:学校 ( 4 ) タグの人気記事

通知表

公立校の通知表が、昔とかなり変わってきているそうです。
テストの成績だけでなく、忘れ物や課題提出も
評価の対象に入る、は随分前から聞いていますが、
意欲、リーダーシップ、協調性、ほか色々加味される?とか。

発達段階の子どもの性格までジャッジされるような気がして
ツラいですね。
深い川は、静かに流れる。
うわべだけが全てではありませんよ。
絶対評価が、教師の感覚評価にならないように祈ります。
実際には、子どもの『性格』と『行動』とを分けて、
『集団における行動』についてのみ着目し、
評価をされるのでしょう。
教師による子どもの性格の『把握』は必要ですが、
性格の『評価』は不要ですよね。

それにしても。
私は今の時代に子どもだったら、
学校に行かないかも知れません。
自然と尊敬できるような担任だったら、喜んで行きますが
あれ?な人だった場合、辛すぎる。
たぶん同級生も同じ気持ちだから、ストレスがたまって
ケンカする? 仲良くなる?
分かりません。

個性というものは、無理やり作るものではなく、
皆が皆 明るくリーダーシップを発揮するように振る舞えば、
それは規制であり 混沌です。

高校以降は 声の大きさではなく、声の正しさで
同級生からジャッジされはじめます。
間違った意見でも、友達だから正しいと言ってもらえるのは、
いつまででしょうか?
(そもそも、そんなのは友達か?)

私は 我が子が何も言わないのを良いことに、
気持ちを汲んでやらなかったのではないか?
と、莫大心配になりましたよ。
今さらですが。
申し訳なかったです。
確かに辛そうな表情をしていました。
お勉強が難しいのだろう と思っていました。
色々あったのでしょうね。
思春期以降は、自身による評価が一番厳しいから
大人がもっと誉めれば良かったでしょうか?
今さらですね。親も未熟でした。

これからの時代。家庭は 学校を越えて、
ますます『子どもの安全基地』にならないと!
ですね。
完璧な子どもなんてどこにもいません。
足りないところがあることを、通知表等で
教えて頂くと 助かります。
学校とケンカするのは無意味。
子育ての参考資料として ありがたく頂いて、
何の評価もない世界を 家庭に実現しましょうか?

評価はやる気に繋がりますが、劇薬でもあり、
誉めるのもテクニックがいります。

絵のアトリエの先生は、子どもに
「面白い(のが描けた)ね。」
「いい感じだね。」
「あはは。なんか この辺、急いでるね。」
と、楽しそうに声かけしておられました。
ユルく、さりげなく、明るく。



c0325278_12531129.jpg






More
by Taseirap | 2019-10-18 07:30 | こどもたち | Comments(2)

子どもを守る優しい関係をつくる

4月から新生活が始まって、ひとつき。

新しい環境。
新しい人間関係。

保育園、幼稚園、小学校、学童保育、中学校、…。
大学生でも心配ですよね。
社会人でも心配です。

とはいっても、そろそろと、
肩の力が抜けたはじめたころでしょうか。
緊張、お疲れ様です。

c0325278_17353784.jpg


子どもに関して、気がかりなことも
出てくるころです。
先生や他の保護者に訴えたいことも出てきます。

でも、できれば言い方には気をつけましょうね。

短気を出して、先生ほかに
突っかかっちゃダメですよ。

我が子を守ろうと、周囲を波状攻撃して、
結果、『親子で孤立』なんて寂しいです。


逆に、学校側から、
子どもさんの発達課題や問題行動を
保護者(父母、祖父母、他もあり)に
相談されることも、まま起こりうる。

これを冷静に聞ける保護者は、少ないそうです。
ついとっさに、『批難された!』と
思ってしまいますよね。

「うちの子が悪いって言うんですか?」
「それを解決するのが、そちらの仕事でしょ。」
「学校で起きたことは、学校の責任。」

学校が保護者に対して、その認識の間違いを、
丁寧に訂正してこなかった。
その過去の対応が、今の学校を苦しめているように思えます。

残念ですが、子どもの問題は、
全て保護者の責任なのです。

例え、保護者がその場にいなくても、
成人するまでは、そうみたいです。
親業って、厳しいですね。


現代の学校は、イジメ対策とクレーム処理と
グレーゾーン(親子)の対応に
ひたすら追われています。

保護者さんの我が子を守ろうとする気持ちは、
よく分かります。
集団にポツンと我が子がいる(ように見える)。

心配ですよね。

不安のあまり、
"守るぞ!うちの子"モードになりがちですが、
子どもは子ども。親は親。
祖父母は祖父母。

別人格です。

子どもを助けてやることは もちろん大事ですが、
子どものためには、
"他人とそこそこ うまくやっていける"くらい
のコミュニケーション能力を
早期から発達させた方が、有効です。

だって、子どもの今日の敵を倒しても、
明日の敵がまた現れる。

それよりも、人から愛される人格を育てた方が、
良くないですか?

愛されるまでいかなくても、
好かれる。
嫌われない。
無視しにくい。

何でも良いです。

集団の中にストレス少なく居られる子どもに。


5月から、あいさつと笑顔で、
もう一度スタートしてみませんか?



c0325278_20140662.jpg




More
by Taseirap | 2017-05-05 07:30 | こどもたち | Comments(0)

小学校でお昼寝タイム

最近、とある全校児童が300人足らずの公立小学校では、
5時間目がはじまる前の7分間、
お昼寝タイム(すっきりタイム)を取っているみたいです。

短い時間ですが、全員が机で静かにうつぶせになって目を閉じて。

その結果、
5時間目にあくびが出なくなったり、
授業に集中できるようになったり、
学校から帰ってすぐに寝なくなったり、
保健室の利用が減ったり・・・。

なかなか効果があるみたい。


保育所では、朝8時から夕方7時まで長時間、
低年齢のこどもの保育をするので、
必ずお昼寝タイムがあります。

小学校ではお昼寝はありません。
だから1年生は、4月5月は眠くて眠くて・・・。

お昼すぎたら、ぼんやりする、
集中できない、けんかする(笑)

高学年になるにつれ、夜更かしする子どもも増えます。

現代は『こどもの睡眠や体調の管理』も、
小学校教育の課題として
入ってきているのかもしれません。



私はもう一つ。
『こどもの朝ごはん』
も考えてもらえたらな~、と思います。

「朝ごはんを食べて学校に行きましょう。」
は、食育でもよく言われています。
気をつけられているご家庭も多いでしょう。

でも、
一部ではありますが、親が朝ごはんを
用意できない家庭もあります。
加えて言うなら、晩御飯も用意できない
家庭もあります。

そういう家庭の子供たちは、朝から不機嫌で
眠そうで集中力に欠けます。
クラスメイトに対して暴力的なこともあります。

朝、学校で何か食べることができたら、
少しは落ち着きます。
個人の家庭の問題ですが、「いじめ」につながれば、
学校の問題にもなりかねません。

「どうして、学校が自堕落な親に
そこまでしてやらないといけないのだ?」

(お気持ちごもっとも。
私もそう思います。でもね。)

「なぜなら、こどもは幼くて
自分で問題を解決できないから。」です。
「責められるべきは親であり、
こどもは被害者だから。」です。

学校給食の廃棄率の高さを思うと、
衛生の規定もあるでしょうが
おむすびとインスタントスープかなにか、
バナナとヨーグルトとか、
もうなんでも良いから
そういうこどもたちに、特別に
保健室ででも食べさせてもらえないものかと・・・。

恵まれない子どもは、いままでは
そんなにいませんでした。
(居ても、大人しくして目立たないようにしていました。)

でも、嫌なことを言うようですが、
これからは増加する一方でしょう。

『苦しい状況の子どもを助ける』一方で
『保護者に対して、明確な家庭教育の指針を指導する』
それがこれからの学校の課題と
児童福祉だと思います。


メキシコの公立小学校では、お昼2時ごろに
家庭に帰るため、給食はありません。
その代り、午前11時頃、持参したスナックや
果物を食べていました。
15分~20分くらいの休憩時間。
売店もあって、簡単なものを購入することもできます。


日本はいっそ、小学校のカリキュラムを見直して、
3時間目が終わったらすぐに給食にするとか?
あるいは、おやつ持参を認める。

あるいは、小学校の売店の機能を
もう少し充実させる。
日本の小学校はお金を持ってくることが、
原則禁止なので
支払いはプリペイド式にする、とか。

売店のおばちゃんが、残ったパンを、
朝ごはん食べれない子どもにこっそりあげても、
罪にはならないでしょう?

(実際上は、食中毒の心配や
校長の管理責任は問われますけれど)

おばちゃんも一緒に食べてあげて、
気軽な話をしてくれたら、
それをささえに学校に行けるようになる子は、
たくさんいると思う。

用務員のおじさんとか、
先生じゃないおとな がほしいところ。

学校にもっとたくさん大人の目が入り、
子どもを守り励まし可愛がるような、
ゆとりあるシステムができたら良いな~、
と思います。







by Taseirap | 2015-10-06 07:30 | こどもたち | Comments(0)

多肉植物 サボテンの花

メキシコに行く時に、主だった植物は優しいお友達に押し付け
「さようなら。」
と、残して行ったサボテン類。


c0325278_19580657.jpg
黄色い花が咲いていました


カラカラのはず。
たまの雨水で生き延びていました。

多肉植物強し!

あるじが留守のベランダでは、
強いものだけが生き残り
しかも繁栄し
もはや小さいサボテンファームです。


ところで、最近日本では、多くの小学校で5月に運動会がありますね。
(昔は秋が多かったですね。)
この前まで保育所や幼稚園だった新1年生は、練習が大変だったでしょう。
そして、いまは6月。
梅雨入りした空のもと、小学生はプールで泳いでいます。
がんばる~(驚)


ふと思いだしましたが、運動会(体育祭)といえば、
そのころの上の息子の男子校では
お母様方は皆さん帽子姿でした。
パラソルは、後ろの方の迷惑になるので不文律で禁止。
敷物も 後ろの方にしか敷かず、僅かな椅子席はお年寄り用。
他は立って見ました。

また、参観日の時は授業の妨げになるので、
靴音のする靴は避けること。
ハイヒールも音のしないようなスタイルを
選んで穿いておられました。
校内でジーンズ姿を見たことはなく、
ワンピースやスーツが多かったです。

廊下での立ち話も無し。

すべての学校行事は、保護者の為に開催されるのではない。
参観は、あくまで学校での生活をかいま見る機会である。
生徒の活動の妨げにならないように、気をつけていました。

この考えは、幼稚園の園長先生にも言われたました。

運動会の挨拶では、
「今日は運動会です。
こどもたちは毎日運動会ごっこをしています。
とても上手です。
運動会が終わっても、またします。
運動会ごっこをして、まだまだしばらく遊びますよ。
たまたま今日はうまくいかないことがあるかもしれません。
でも、昨日は出来ましたよ。
あさってもします。
たまたまあった今日の事で、どうかがっかりしないでくださいね。
カメラを通してではなく、自分の目でしっかり見てくださいね。
帰ったら、たくさん誉めてあげてくださいね。」

先生方は、いつも子どもの心の代弁者でした。


学校での息子たちはふつうに元気。
家では思春期の気難しい子が、友達と笑顔で話しているのを見て
ホッとしました。


思春期の子供は、家の中に人間サボテンが生えているようなものです。
親も仕事で忙しく、ともすれば砂漠のようになる家庭。
オアシスは、学校であり、たまに会う明るいお母様方でした。

からっからのサボテンしか生えないようなところで、
(まさにメキシコか?)
乾いて生きるような日も、人生にはあります。
でも、そこでしか咲かない花を咲かせることも、
あるいは できるはず…。

親にとっては素晴らしい学校も、息子には
乾いて苦しい時もあったでしょう。
でも、それなりに花を咲かせてくれ、
今に至ります。


きっとなにかできるはずです。


by Taseirap | 2015-06-08 07:30 | こどもたち | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る