タグ:文化人類学 ( 2 ) タグの人気記事

チチェン・イッツア&エクバラム遺跡 ツアー ③

さて、ツアー最後の訪問地
Ek' Balam(エク・バラム)遺跡です。

マヤ語で”エク”は黒。
”バラム”はジャガーの意味。

かつて、メキシコにはジャングルにジャガーが
いっぱいいたみたいです。

(朝、水汲みに行ったら、「ガオー。」)

この遺跡は、BC100年頃から建設が始まり、
AD5~6世紀に勢力を拡げ、13C頃が最盛期。
スペイン人がやってくる15C頃まで実際に使われていたそうです。
息の長い王朝ですね。

上まで登れなくなった遺跡の多い中、ここは登れます。

登れるけれど、歳とったら登れません。
(急です。四国の金刀比羅宮より急です。)
1歳でも若いうちに是非いらしてください。

この遺跡は1994年に発掘&復元が始まったものの、
まだ完全に復元されてはいないそうです。

それにしては凄く綺麗で、雰囲気が素敵です。
もっと素晴らしくなるのかしら? 
うれしい(*´∀`)

でも、おじさんたち、石ならべないで
みんなで木の果を採ってたよ。


c0325278_06121017.jpg
広さはそれほどありませんが、雰囲気はまさに”マヤ遺跡”



c0325278_06160421.jpg
主神殿(王の墓)
高さ33m。底辺は150×60m。


茅葺の部分は、中の発掘展示品がスコールなどで劣化・破壊
されないためのカバーらしい。

さあ、登るよ! 

えーん。


c0325278_06293307.jpg
振り返れば・・・。

高所恐怖症も少しあるのに。

(画面右上、テント広げて木の果 採集中のおじさんたち。)


c0325278_06313579.jpg
登りきればこのパノラマ
見渡す限りのジャングルは、王様がいつも見ていた景色


c0325278_06364617.jpg

砂に埋もれていたため
保存状態は極めて良いらしい
c0325278_06385489.jpg

向こうに見えていたもう一つの遺跡にも登ります



c0325278_06415174.jpg
そしてこの光景



閉鎖的な環境で近親婚を繰り返し、その結果
ときに指が6本のこどもが生まれたりしたそうですが、

奇形=常人とは違う=優れた超能力を持つカリスマ

と言う考えのもと
”人と違うこと”が何よりも尊ばれた
マヤのエク・バラム王朝。

その為、生まれてすぐの赤ちゃんの頭部をつぶして
変形させたりもしたそうです。

うーん。

現代に残された遺跡などから、その時代の思想や生活ぶりが
地道な研究により 少しずつ分かってきました。

現代に生きる我々としては、共感できたり
できなかったり・・・。

でも、自分自身の考え方との違いはともかくとして
『この時代にこういうものがあった』
ということの研究は大事なことだと思います。


アフリカも長くそうでしたが、ジャングルのように
恵まれた自然のあるところ、
人が定着し計画的に農作物を作らなくても
生きていけるところでは、
文明の発達は遅れます。

身体が凍えるほどの寒さはないし、
木に実った果を食べ、動物を捕まえて食べれば
お腹はいっぱいです。

何人かのマヤの人たちは、夜はずっと星を眺めて、
だんだん気がついたことが増えていきました。

彼らにとって、星をよむことは天候をよむことでもあり、
未来を予測する事でもあったのかもしれません。

自然環境が厳しい方が、人間は生き延びるために
あれやこれや工夫します。
冬という何も作物が採れない季節があれば、
計画的生産と備蓄を覚えます。

でも、文明のないところにも文化は必ずあります。

人類が生きるところには、必ず文化が生まれます。

モノだけでなく、風習(祭り、葬儀、結婚式)、
ファッション、マナー、そして
宗教。

それって、なんだかすごくない?

















by Taseirap | 2014-10-19 06:06 | カンクン | Comments(0)

楽しいメキシコ旅行ご紹介(の準備)

9月に大学の夏休みを利用して、二男が
3週間メキシコにやってきます。
良い機会なので、
”メキシコに旅行するとしたらこんなプランが面白い”的な
旅行の提案ができるような取材をしたいと思います。

しかし、一体なんのために? 
誰に頼まれたわけでもないのに。
うーん、自分でもよくわからない。

おそらく、若いころの夢を引きずっているのでしょう。
・・・か?

わたしは、高校生の時、文化人類学者に憧れていました。

見知らぬ土地の見知らぬ人の中に、
自分とまったく異質なもの
自分とまったく同質なもの
発見するのが夢でした。

そのころは月1で風邪をひく軟弱もので、とても疲れやすく
『こんなわたしには体力的に無理だな~。』
と挫折しました。

いま想うと、その後どんどんタフになって行きました。
だから、あの頃の自分に
「あなた、それは成長期のバランスの崩れよ。
それと貧血。
鉄分とビタミン飲んでもっとがんばれ。」
と、言えるものなら言いたい。


今年の、NHKのラジオスペイン語講座のテキストに、
本物の文化人類学者の人の
アンデス・レポートが載っています。
内容すばらしいです。
読むたびに
「うーん。これだ。なんておもしろい。」

でも、いまの私がしたいこととは違います。

わたしは素人なので、ものすごく主観的に、
俗世間のおばちゃん視点から
何かをレポートしたいです。

ものすごく上方修正していえば、
比較文化学?
                  ・・・うわっ エラそう(-_-;)

いまはある意味、この夢がかなっています。
『現代のメキシコで暮らす50代日本人夫婦のレポート』 
                  ・・・ったく(-_-;)(笑)

日々の生活から、
現代メキシコの空気とさえない暮らしが
少しでもお伝えできたらうれしいです。

もちろんメキシコでなくても、
日本でもどこでも、人がいるところなら◎です。

わたしは、ヘンテコでふがいない自分も含めて、
人の生きることや暮らしぶりが
面白くて仕方ありません。

メキシコの 経済も ファッションも お料理も 子育ても 観光も
すべてが
「お~、人類学。 フィールド・ワーク。」
と、ひそかに喜んでいます。

(ブログにスーパーの果物の値段まで
入れずにはおれないのは、
記録したい感覚があるのでしょう。
文章の美しさがますます減るのに、やめられません。)

ブログでも、
”読んでくださる方に喜んでいただくという観点”
は日々薄くなり、
自分が知りたいことや
知ってうれしくなった(悲しくなった)ことを
綴っています。

そのあたり、もしや失礼や情報の過不足が
多々あるかと危惧しています。

ごめんね。

このような雑文におつきあいくださり、
読んでくださるみなさま。
心から感謝しています。



ということで、旅のためしばらくお休みします。

夏休みが終わったら、いやというほど
しつこくメキシコの旅行について書くと思います。

カンクンやイスラ・ムヘーレス、
メキシコシティ、グアナファト。

テキーラ・イクスプレスも乗っちゃいますよ。
こうご期待!

では、そのときまで
See You!





c0325278_06255174.jpg
また遊びにきてね






by Taseirap | 2014-09-14 07:03 | メキシコに旅行する場合 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る