タグ:旅行 ( 2 ) タグの人気記事

ハマる旅さき

何度でも行きたくなる場所ってないですか?
ありますよね!

私が過去にハマった場所。
まず京都。
今ほどカフェやパン屋はなかったものの、
『町じゅうが大きい公園のようで、素敵だな~。』
とくに南禅寺、蹴上インクラインあたりが大好きでした。

それから、岡山県の高梁市。
備中松山城から見る景色。
落ち着いた街並み。
買い食いのお煎餅。
吹屋のべんがら。

岡山県は倉敷、奥津温泉も好きです。

それから、愛媛県内子町。
しばらく通いました。

島根県の松江。
山口県の萩、周防大島。

東京と滋賀県にも繰り返して行きましたが、
これは息子たちの世話をするために行ったので、
旅とはいえない感じです。


九州の福岡も大好き。
福岡は天候が山陰と同じなのに驚いたものの、
なんでもある便利さ。
食べ物の美味しさ、豊かさに魅了されます。

広島なら『とびしま海道』。
下蒲刈の『蘭島閣美術館』や『白雪楼(はくせつろう)』。
とくに『白雪楼』は、個人的パワースポット(?)。
お抹茶をいただき、瀬戸の海を眺めると
悲しい気持ちや寂しい気持ちがおさまります。

なんでも、『白雪楼』は江戸時代の末、
沼隈の豪農山路機谷が、邸内に移築、
祖父重好が京都黒谷で営んだ『奇好亭』を
楼造り(二階建)に改め、漢学研鑚の場にしたもので、
多くの漢学者もこの建物を訪れたそうです。

その後、『白雪楼』に思い入れの深かった
頼家9代俊直が明治25年、竹原に移し、
『留春居(りゅうしゅんきょ)』としたものを、
竹原頼本家(春風館)から無償で
下蒲刈町に寄贈されました。

建物の部材には細かく位置を示した墨書があり、
内部は趣向を凝らした建築様式となっています。
中でも一階にある可動壁を備えた和室の実例は、
現在ほとんど残っていない貴重な建物

… だそうです。
竹原には、頼山陽の実家の頼家ゆかりのものが多いですね。


『白雪楼』は、家屋として私の理想(和の家)。
ロケーションも間取りも最高!
でも、『暑いわ、寒いわ、虫出そうだわ』で、
軟弱な私には 実際は住めそうもありません。
(全窓網戸付きのアパートが気楽。)


日本には、素敵なところがいっぱいあって、
幸せ。
来年はどこに行けるかしら。
ワクワク。

(海外でも良いのですが…。)






尾道の向島、『ウシオ チョコラトル』から見る海。


c0325278_17465037.jpg

c0325278_17471310.jpg

c0325278_17473624.jpg



by Taseirap | 2017-12-29 07:30 | Comments(0)

ゆこゆこ

今日は立春。
一部のアジアの国(中国、ベトナム、シンガポール、
マレーシア、インドネシア、韓国)ではお正月です。
日本は明治時代から新暦で祝うようになったそうです。

それはそうと、広島県全域にインフルエンザ警報が
昨日出ましたよ。
(節分の日に出たのね。)

ビビる。何もしてない。
今から注射しても、もう遅いよね。
五十肩にヒアルロン酸の注射したのですが、
あれでなんとかならない? ダメ?


さて、CM等で 前から気になっていた『ゆこゆこ』。
電話して送っていただきました。
無料。

c0325278_20123636.jpg
中国・四国版 2-3月号


ページをめくると、たくさんの温泉旅館。
(日)から(木)・(金)の平日の利用、
1泊2日2食つきで 一人1万円切っています。

なかなかの有名処がずらり。

平日だとこんなに安くなるの?
リタイアされた優雅なご夫婦にぴったり。

現役世代はお休みが難しいけれど、記念日とかお祝い事で
利用できたらうれしいかも・・・。

と、考えていたら
宿泊旅行同行者 は、
第一位:夫婦二人 第二位:一人旅 第三位:友人。

一人もアリなんだ。
『同行二人』的な?

とあるお城好きの友人は
「大阪城は外観だけで3時間はみたい。」
「そんなに何を見るのですか?」
「この場所から誰がどう攻めて、
誰がどう防いだとか…。」

たくさん考える事があるそうです。
教養があるって素晴らしい。

私なんて
『大きい石だなぁ。』
『(襖絵の)堀を泳ぐ、こやつは盗人か?』

しかし、一緒に大阪城の外で3時間以上粘るのは…?
お花見ならできるけれど。

一人旅の方が軋轢がないかもね(笑)

さてさて、温泉&グルメ。
和風オーベルジュ。
最高。

どこにゆこゆこ?



by Taseirap | 2016-02-04 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る