今、吉川トリコ著
『マリー・アントワネットの日記』を
読んでいます。

c0325278_22290253.jpg


クレオ・コイル著
『沈没船の コーヒー ダイヤモンド』と
同時読み。
私の悪い癖です。

ベルばら(ベルサイユのばら)世代で、
中学生のときは 部活して帰宅すると、
とりあえず『基礎英語』を聞いて、
晩御飯を食べて、
花組のLPレコードのベルばら公演を
通しで2枚聴いて、
ちゃちゃっと宿題(というか、時間割り)。
お風呂は大急ぎ。
で、寝る前に、単行本を1-10巻まで通して読む。

これを毎日。
とても忙しかったです。

週刊マーガレットの『伊賀のカバ丸』も
読まないといけないし、
『月間バレーボール』も読んで
効果的な練習法を研究しないといけないし…。
(勉強しろよ!って感じです。)

世界の14歳なんて、みんな
こんなもんじゃない?

生活のクオリティーこそダダ違えど、
ただの子どもが、ややこしい人間関係に巻き込まれて、
可哀想なアントワネット。

以後、全力でスベリ続けるアントワネット。
他人の期待が自分のリアルと大きくズレている
居心地悪さ。
ついでに少しずつ誤解が広がる。
歴史の渦は、アントワネットの成長を
待ってはくれない。

面白い本です。


by Taseirap | 2018-11-28 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

ブログのジャンル

おそらく、どなたもお気づきではないでしょう。
ブログのジャンルが変わっています。

『中国』地方は一緒です。
もうひとつは、『日々の出来事』。
まえは、『暮らしの知恵』でした。

でも、暮らしの知恵なんて、ひとつも出てこないのに。
いつも心苦しく思っておりました。

正しいジャンルを探してみましょう。

料理・グルメ 違う。
ペット いない。
恋愛・家族・こども いまさら。
住まいと暮らし 適当。
ファッション 笑止千万。
健康 徐々に不安。
写真・カメラ 携帯電話でしか撮りません。
教育・学問 … …。

ねっ、ないでしょ?

といって、『暮らしの知恵』では全くもってなかったのに、
しばらく居させていただきました。
失礼しました。

『日々の出来事』は、38500ブログくらいあるみたい。
埋没して安心を得る。
いえ、いつも特に困ることもなにもないのですが…。
お陰さまです。
ありがたいです。

私の友人は『貧乏暮らし・苦労』というジャンルがあれば、
参加したいそうです。



More
by Taseirap | 2018-10-19 07:30 | どうでもよい話 | Comments(0)

ご訪問ありがとうございます。
今日は珍しく本の紹介。

谷口ジローさんの『犬を飼う そして… 猫を飼う』。

c0325278_20521667.jpg

c0325278_20525022.jpg
年老いた犬をみとる




泣く。

人間が、裏切る とまではいわなくても、
思うようにはならないとき、
ひたすら生きることに純粋な動物の姿に
心が慰められます。

世の中には、老いても幸せに暮らす動物が
たくさんいることでしょう。

私の友人も最期までベストを尽くしていた。
飼い主に愛されて、幸せに逝ったから、
天国で元気に遊んでいると思う。






by Taseirap | 2018-10-10 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

『英語 DE 茶の湯』

暇ひまに、読んでいます。
保科眞智子さん著『英語DE 茶の湯』。

c0325278_14075977.jpg

保科さんは、旧大名保科家の生まれで、
裏千家茶道をされているそうです。

茶道(ちゃどう)に興味のある外国のひとに
それを説明することは、
語学力+知識というダブルハンディがあり、
非常に難儀です。
参考にさせて頂こうと思います。

印象に残ったことは、外国人は一般的に
"Japanese tea ceremony"と、『茶の湯』のことを言いますが、
"The way of tea"と言うようにしていること。
茶の湯は宗教的な儀式(ceremony)ではなく、
人の道である事を示すそうです。

濃茶は thick tea
薄茶は thin tea
釜は kettle
茶碗は tea bowl
柄杓は bamboo Iadle
水差しは fresh water container

ほー。

きっと むちゃくちゃ高価でしょうが、英語で聞くと
そうとは思えない不思議。
バンブー・レードルなんて100均にありそう…。
国際化するお茶の世界は、脱権威の精神主義なのかな?
だったら、外国人枠で習いたいなー。
(ムリよね。でも、和のいけずはひたすら苦手なのです。)

茶道の精神『和敬静寂』『一期一会』の説明は、
相当難しいぞ。
日本語でもムリだぞ。

Harmony,Respect,Purity and Tranquility
a once-in-a-lifetime

そうなんですか。

『一座建立』は、
to build a seated-as-one experience
亭主も客も心をひとつに。

「なぜ?なんのために?」
と、外国人に聞かれたら、自分なら
「虚構の平和世界を作り、茶室を無限の宇宙と
するのです。」
なんて、インチキ宗教のような説明をしてしまうかも?
御本をちゃんと読まなくちゃ!




More
by Taseirap | 2018-09-29 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

暑い‼
朝から室温30℃あります。
風が止まったら、もうムリ~。
8月って 確かこれからですよね。
昨夜は今年初アイスノンを出して寝ました。
古典的ですが、気持ち良いですよ。

さて、お薦めの本です。
図書館で借りて読んで、個人で買いました。

c0325278_13363787.jpg

うちの息子たちには、思春期の暴力は無かったです。
親子関係は『ま、こんなもんだろ』くらいの
仲よし(悪し)です。

でも、かつて一般教養でフロイトとユングくらいしか習わなかった世代。
とても新鮮な内容で、エリクソンの『成熟の8つの段階』は、
もっと早く知りたかったです。
我が子がそれなりに苦しそうだったときに、
もっと応援できたかもしれない。
今より通じる親子関係になれたかもしれない。
親としての努力が足りなかったと反省します。

タイトルがスゴいから、
『いやいや、うちはそこまでじゃないし。』
と、敬遠しないで、
普通の育児書として読まれてみてください。

難しい内容が、とても簡単に書いてあって
理解しやすいです。



More
by Taseirap | 2018-07-18 07:30 | こどもたち | Comments(0)

久々のランチ。
生き返る~!


c0325278_20191111.jpg


c0325278_20192996.jpg


c0325278_20020973.jpg
¥1990(税込み)のランチ


個室だから、たくさん話せます。
天井から降る音楽も楽しみ。
(ここはジャズではありませんでした。)

c0325278_20202199.jpg

c0325278_20204979.jpg

空気清浄器だか 加湿器だか
アロマディフューザーだか
動いている



優しい友人と、家族の話、お仕事の話、
ボランティアの話。
終わらない。

私より遥かに働いておられるので、疲れを言うのも
恥ずかしいけれど。
そこに遠慮すると、そもそも私より怠け者は
周囲にいないので、困るのよ。

c0325278_20211856.jpg
どうして knifeには、kがつくのか?


いま読んでいる本の話までして、場所をかえて
また話す。

あー、生き返った!
私は。



by Taseirap | 2018-07-05 07:30 | Higashi hiroshima | Comments(0)

友人が垣谷美雨さんにハマっていて、
本を読め、読めとすすめてくれます。

「どんな題ですか?」
「『老後の資金がありません』。」
「リ、リアル。」
「『ニュータウンは黄昏て』、『後悔病棟』。」
「キャー。」
「『七十歳死亡法案、可決』。」
「どうしたん。何があったん?」

面白くって次々読んだそうです。

友人は、リアルな辛さを知恵とユーモアで
乗り越えるような話が好きなのね。
(想像)

私はミステリーと甘い話が好き。
あんまり日本の作家さんは読まない。
映画もそうなの。
なのに
「『終わった人』を見に行こう!」

本当に渋いセレクトね。
好きな映画ベスト5に『キャノンボール』が
入るような自分であります…。

c0325278_18472744.jpg
半夏生


by Taseirap | 2018-06-11 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

メキシ感。

5月の翠の風にのって、鼓笛隊の音が聞こえてくる。
小学生が運動会の練習をしているみたい。
なかなか上手だな。
がんばれ、がんばれ。
音まで可愛いね。

さて、
37.5歳からの男性誌『OCEANS』
2018.3月号に
"こころくすぐるメキシ感。"なる記事がありまして、
一体どんなものがお目に止まりましたやら?

c0325278_18081908.jpg
みたことあるー!
レストランの椅子ですよね!


"豚革と端材
(端材って言うな~(>_<) 木は貴重品。)
を使ったラフな作りの
『エキパレスチェア』は、
古代マヤ時代の権力者の椅子"
ですって。

全然知らなかった。

日本では、ビームスで販売しているみたいです。
27000-37000円。
輸送費がかかるから、現地では
1/2-1/3かな?

メキシコは、不思議なところで
例えば、椅子が1脚3000円なら、
「10脚買うから、27000円にして。」
と日本的値引き交渉をしたら、
「10脚も作るのは、大変じゃないか!
だから35000円だ。」
などと、値上がりしたりする。

外国人だから値上げ じゃなくて、
「手作りだから時間がかかるし、
疲れるじゃないか!」
といった理屈らしい。

なんか分かる気がする。
「仕事増えたやん(T^T)」
商売人ではなく労働者。


ほかには、

c0325278_18133578.jpg
「ストーメン」の器 とウールのラグ


なるほど。

アルパカのニットなど、ファブリックは控えめカラー。
食器や小物はカラフル。
日本でも浮かないセレクトですね。


偉いわね。




by Taseirap | 2018-05-18 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

新・日本百名湯

この旅で時々『新・日本百名湯に選ばれました。』
の張り紙を見るので、
『なんのことかなあ?』と思って調べたら、
本が出ていました。

c0325278_17415749.jpg
姫すみれ ですか?


『新・日本百名湯』松田忠徳著
日本経済新聞社(2006年)

"全国の温泉を自ら踏破し、
温泉の歴史、効能、宿などにも詳しいご存知
温泉教授・松田忠徳先生の最新本。
全国から百名湯を選りすぐり、
それぞれの温泉に関するウンチクを語り、
役に立つ温泉情報、宿情報を提供する。"

素晴らしい!
読んでから行けばよかったかも。
主婦の口コミしかないからですね。
微妙に狭く、深く、しい的。

前回の(古いほう)『百名湯』の九州地区選出は、
福岡県:二日市温泉
佐賀県:嬉野温泉、武雄温泉
長崎県:雲仙温泉、小浜温泉
熊本県:黒川温泉、地獄温泉垂玉温泉、杖立温泉、日奈久温泉
大分県:鉄輪温泉、明礬温泉、由布院温泉、川底温泉、長湯温泉
宮崎県:京町温泉
鹿児島県:指宿温泉、霧島温泉郷、新川渓谷温泉郷栗野岳温泉

知らないところもあります。

ちなみに、中国地方からは、
岡山県:奥津温泉湯原温泉郷
鳥取県:三朝温泉、岩井温泉、関金温泉
島根県:玉造温泉有福温泉温泉津温泉
山口県:湯田温泉長門湯本温泉

広島県は、なし。

なるほど。


これから向かう『日奈久温泉』が入っていた。
あらま。ラッキー。


紫尾(しび)温泉』は、『・日本百名湯』に
入っています。
熊本人おすすめの『湯の鶴温泉』、『湯の児温泉』も
入っています。

さすがに葦北の『湯浦温泉センター』は、
載っていないみたい。
あら、日奈久温泉は『新』では選から漏れている。

相変わらず、広島県は該当なし。

ま、いいか細かいことは!
お湯に入れば、なんでもOK 。

c0325278_14170012.jpg



#今朝未明の地震。怖かったです~。
うちの方は、震度3でしたが、携帯の
『もうすぐ地震がきます。』を、
初めて聞きました。
家族に声を掛けましたが、無反応でした。

避難するときは、ブレーカーを落とす!
しか、浮かびませんでした。
ダメですね~。

皆さまもお気を付けて。

by Taseirap | 2018-04-09 07:30 | 温泉 | Comments(0)

最近気になること

最近気になることですが、
小さい子どもさんを連れているお母さまが
道路等で手を繋いでおられないこと。

幼稚園くらいの子どもたちが、
走って横断歩道を渡り、
お母さまは人と話している。
幼稚園、保育園児は手つなぎがmustの世代には驚き。

小学校入学前の通学路確認も、手つなぎでした。
小さい子どもは衝動性が強いので、
危険回避のため、手はつないだほうが良いですよ。

「こっちに来たらダメよ!」
という禁止の命令も、
子どもは最初だけ聞いて来るから
絶対にしないように。
「危険なときは、良い・悪いではなく、
止まって!歩こうね など、動作の指示をする。」
「紛らわしい、分かりにくい指示はしない。発音良く端的に。」
「明るい色で肌触りの良い服を着ましょう。
できれば、毎日同じ服で来なさい。」
「いつも、笑顔と優しい声で名前を呼ぶように。」
「ふたつ連続の動作の指示は、年長さんだけわかる。
指示はひとつで。」

幼稚園の教育実習で言われました。
今では古いのかなぁ。



c0325278_19184959.jpg

確かに、私の育児のバイブルは昭和。
松田道雄先生の『育児の百科』。
でも、名著です。

もうひとつのバイブルは、
『広島学院物語』。
倉光誠一先生の書かれた名著です。
描かれるお母さまの姿が、平凡に見えて非凡。
美しいです。
子育ては子どもに直接向かうばかりではなく、
その周りの環境を整えて守ることだと気がつきます。

育児雑誌は多々ありますが、ときに間違いも載っています。
間違いというよりも、そのときの流行かもしれません。
でも、流行と普遍性は両立が難しい気がします。

簡単に模倣しないで、家族の将来の方向性を
あれこれと模索する。
それも子育ての楽しみのように思われます。





by Taseirap | 2018-03-08 07:30 | こどもたち | Comments(0)