タグ:本 ( 37 ) タグの人気記事

退職してから

退職後に、夫婦で旅行される方は多いと思います。
長年のお疲れさま会ですね。

随分前の話ですが、
軽自動車を寝られるように改造して、
ご夫婦で日本中を旅する人がおられました。
お金持ちさんで、キャンピングカーでも買える人ですが、
トイレの処理が自分は面倒で嫌いなので、
そこまで大きい物は不要だ、と。

温泉巡りをしたいが、温泉は細い道が多い
→軽自動車。
食事は本格的に作らなくても、ご当地の美味しいものを店で食べたら良い。
でも、きれいな景色を見ながら、コーヒーぐらいは淹れたい。
→キャンプ用品やカセットコンロ。
全泊ホテルにしたら経費がかかる
→車で寝られるように、後ろをフルフラットに改造。

トイレ付きの駐車場やキャンプ場を経由して旅をして、
時々は高級旅館に宿泊。
メリハリのある旅。
時間はいくらでもある自由。
自分たちの希望とリミットを考えて、ほどほどに
工夫をするのが楽しかったそうです。
面白そう。
まめで器用なご主人。うらやましいですよ。
そんな老後も素敵ですね。
「うちもしよう!」
と言ったら、したい人が がんばれ、と。
私がトンテンカンテンしないといけないみたい。
できるかな~⁉

そうなったら、もうできたのを買うか
借りるか したいですよ。

私のゆっくりタイム。
隠れ家で コーヒーです。

c0325278_13130171.jpg

c0325278_13134070.jpg
『京都 日常花』




by Taseirap | 2019-10-22 07:30 | よもやま話 | Comments(0)

『GLOW(グロー)』の付録

雑誌『GLOW』11月号の付録なのですが

c0325278_13025822.jpg

秋の色。
とても重宝しています。

c0325278_13034067.jpg

リップ2色。
自分では選ばない色ですが、さすが
"45才。大人女子第2章スタート!"を 唱うだけあって
大人のくすみ に浮かない。
小田切ヒロ監修 小顔メイク。
ハイライトとローライトを使い分けですよ。
小顔になれますか?
アイシャドウは、パウダーだけでなく、クリーム状の物も。
口紅みたいですね。
指でポンポン 塗り塗り。

わっ、目の上 まぶたが赤いですよ。
酔っているみたい。

大丈夫でしょうか?

茶色い服には合いそうですね。
雑誌の通りにメイクすると、ちょっとやり過ぎ…。
そうだ!
例のノブのパウダーを叩いて。
よし、色が薄まった。
色味の上に白をのせて、血色よくみせるのは
画家ルノアールの塗りかたですよ。

遊びながら メイクの練習です。
どうしてもなれた色、無難な色を買ってしまうから、
本の付録でチャレンジできてラッキー。
意外な色が似合ったり、似合わなかったりしますよ。

1000円くらいの雑誌に こんな付録がつくなんて。
すごい時代ですね。

c0325278_13193813.jpg


このメイクを真似て出かけたら、小2の女子に
じーっと顔を20cmの近さで見られ
「目の上に塗ってるね。ほっぺたも。口にも塗ってるね。」
冷静に分析されました。
夏もメイクはしていたのに、汗で取れていたのか。

小1の女子は
「可愛い。」と喜んでくれました。そして
「うちのおばあちゃんは、髪を頭の上でお団子にして
下は同じように髪どめしてるよ。」
髪の毛の話だった。
さすが子どもは正直。
5年前、メキシコの子どもも
雑誌の日本の女優さんの実年齢当ててた。
そのとおりだった。



by Taseirap | 2019-10-16 07:30 | 美容について | Comments(0)

ローソンでスイーツ

日本を離れてがんばっておられる皆さま、
いかがお過ごしですか?
個人的に親しみを覚えるメキシコ在住の皆さま、
コモ エスタ?

8月号の『ポパイ』がメキシコ特集でしたよ。
prime会員無料だったので、Kindleで読みました。
メキシコシティとオアハカが登場。
素敵なところですね。
メキシコ人も
「シティは別格。」
と言っていましたから、そうなのでしょう。
ほとんど知らない世界。

でも、離れてみたら全てが美しいですよ。
今を生きる ですよ。

さて、ローソンでスイーツを買いました。
みてみて。

c0325278_18441083.jpg

c0325278_18443805.jpg

c0325278_18445347.jpg


前からあったのかもしれませんが、私にはお初。
プレミアムロールケーキ、懐かしくないですか?
思い出して食べたくなる味は、たくさん。
見たい景色も。
会いたい人も。

でも、大丈夫さー。
ずっと 待ってますよ。

思えば、本当に豊かですね 日本。
コンビニがケーキ屋さんのレベル。
パン屋さんなんて 素晴らしいクオリティ。
これになれると、つい感謝も忘れてしまいます。

無事に帰ってきて、たくさん召し上がれ。


by Taseirap | 2019-09-13 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

室戸ユネスコ世界ジオパーク

海の傍を通って、室戸岬までドライブです。
防波堤が高いので、海が近い実感はありません。


c0325278_11452503.jpg
高台から臨む太平洋



室戸岬のジオパークに来ました。
高知市からは80km 。
1時間50分だそうです。

c0325278_11474881.jpg

ちょっとイメージとちがう?
途中に海洋深層水の会社もあったりしたので、
産直市場にきたのかと思った。

ところが、教育効果はなかなか。
子ども向けに分かりやすく展示してあり、
ゲーム感覚のシアターもあり、
夏休みの子どもに自然の成り立ちが
スムーズに伝わりそう。

c0325278_11485925.jpg

c0325278_11494546.jpg



こちらで購入した図書もとても面白い。
著者の福田安武(ふくた やすたけ)さんは、
1987年愛知県生まれ。
若い。
内容的に、てっきりお年寄りの書かれた本だと思ってました。
これについては、『非認知能力を育てる』というテーマで
いつか綴りたいので、乞う御期待。
(こんなテーマにすると、アクセス数がガクッと減ります。
それも微妙に楽しみです。)

c0325278_18545982.jpg


室戸岬の岩の回りを散歩するのも、探検隊のようで、
すごく楽しいです。
c0325278_11504304.jpg



c0325278_11511361.jpg


c0325278_11514107.jpg


c0325278_11520504.jpg

c0325278_17224250.jpg


c0325278_11551955.jpg





c0325278_11524762.jpg



駐車場に野生のタヌキが出てきて、野良猫と共生していました。






by Taseirap | 2019-07-08 07:30 | 高知県 | Comments(0)

マンガですけれど

良い歳をしてなんですが、まだマンガを読んでいます。
といっても、そんなに詳しくないのですが…。

たまたま読んだ おすすめは、
『我輩の部屋である』(田岡りき)
(想像の)長男の学生暮らしにそっくり!
主人公がそのままうちの二人の息子のミックス形のようで、
笑い転げてしまいました。

2巻で、微分積分学の本を読みながら
「何が言いたいのか さっぱり分からん。
おそらくは文章に無駄が多すぎるのだな。」では、
泣きました。親として。
でも、この子の偉いところは、
お母さんが段ボールで送った『亜鉛』と書かれたTシャツを
なんだこれ?でも 着るところ。


c0325278_13144604.jpg

それから、『二人ぼっち』(南ひろこ)


c0325278_17015724.jpg

こちらも 笑い転げてしまいます。
登場する旦那さま、すてき。
ですが、私には合わないタイプでしょう。
というか、それ以前に、私が選ばれなかったでしょう。
(そういうジャッジはできるようになりました。)

そして、友人のお薦めの垣谷美雨さん。

c0325278_13184094.jpeg

こちらはマンガではなく 小説。
そして 私には 笑えません…。





by Taseirap | 2019-06-02 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

のんびりday

ゆっくりできる日には、旅の本でも読みましょうか。
至福のひとときです。

(あ、仕事で“読まないと!”の本が視野に。やめて~。
今日は絶対イヤですのよ。)

c0325278_12182081.jpg

台湾のパイナップルケーキは、想像より美味。
東方美人などのお茶と よく合います。
たくさんある~。
お名前 覚えられるでしょうか?
ま、ムリですわね。

c0325278_12205804.jpg


こちらの本も読みますよ。
思うに、断捨離後の買い物指南書ですね。

人生の後半戦に、要るものだけに囲まれて
スッキリ暮らすために。
軽いもの、使いやすいもの。
なるほど、なるほど。
参考になります。

郵便局のレターパックの記事がありました。
馴染みの赤と青(360円)のA4版。
に、スマートレターも仲間入り。
A5版で180円。
置きっぱなしになっている 気になるあれこれ。
送れるかも。

でも、現金は送りませんわよ。
それは詐欺ですわ。


by Taseirap | 2019-04-02 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

『マリー・アントワネットの日記』

今、吉川トリコ著
『マリー・アントワネットの日記』を
読んでいます。

c0325278_22290253.jpg


クレオ・コイル著
『沈没船の コーヒー ダイヤモンド』と
同時読み。
私の悪い癖です。

ベルばら(ベルサイユのばら)世代で、
中学生のときは 部活して帰宅すると、
とりあえず『基礎英語』を聞いて、
晩御飯を食べて、
花組のLPレコードのベルばら公演を
通しで2枚聴いて、
ちゃちゃっと宿題(というか、時間割り)。
お風呂は大急ぎ。
で、寝る前に、単行本を1-10巻まで通して読む。

これを毎日。
とても忙しかったです。

週刊マーガレットの『伊賀のカバ丸』も
読まないといけないし、
『月間バレーボール』も読んで
効果的な練習法を研究しないといけないし…。
(勉強しろよ!って感じです。)

世界の14歳なんて、みんな
こんなもんじゃない?

生活のクオリティーこそダダ違えど、
ただの子どもが、ややこしい人間関係に巻き込まれて、
可哀想なアントワネット。

以後、全力でスベリ続けるアントワネット。
他人の期待が自分のリアルと大きくズレている
居心地悪さ。
ついでに少しずつ誤解が広がる。
歴史の渦は、アントワネットの成長を
待ってはくれない。

面白い本です。


by Taseirap | 2018-11-28 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

ブログのジャンル

おそらく、どなたもお気づきではないでしょう。
ブログのジャンルが変わっています。

『中国』地方は一緒です。
もうひとつは、『日々の出来事』。
まえは、『暮らしの知恵』でした。

でも、暮らしの知恵なんて、ひとつも出てこないのに。
いつも心苦しく思っておりました。

正しいジャンルを探してみましょう。

料理・グルメ 違う。
ペット いない。
恋愛・家族・こども いまさら。
住まいと暮らし 適当。
ファッション 笑止千万。
健康 徐々に不安。
写真・カメラ 携帯電話でしか撮りません。
教育・学問 … …。

ねっ、ないでしょ?

といって、『暮らしの知恵』では全くもってなかったのに、
しばらく居させていただきました。
失礼しました。

『日々の出来事』は、38500ブログくらいあるみたい。
埋没して安心を得る。
いえ、いつも特に困ることもなにもないのですが…。
お陰さまです。
ありがたいです。

私の友人は『貧乏暮らし・苦労』というジャンルがあれば、
参加したいそうです。



More
by Taseirap | 2018-10-19 07:30 | Comments(0)

『犬を飼う そして… 猫を飼う』(谷口ジロー)

ご訪問ありがとうございます。
今日は珍しく本の紹介。

谷口ジローさんの『犬を飼う そして… 猫を飼う』。

c0325278_20521667.jpg

c0325278_20525022.jpg
年老いた犬をみとる




泣く。

人間が、裏切る とまではいわなくても、
思うようにはならないとき、
ひたすら生きることに純粋な動物の姿に
心が慰められます。

世の中には、老いても幸せに暮らす動物が
たくさんいることでしょう。

私の友人も最期までベストを尽くしていた。
飼い主に愛されて、幸せに逝ったから、
天国で元気に遊んでいると思う。






by Taseirap | 2018-10-10 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

『英語 DE 茶の湯』

暇ひまに、読んでいます。
保科眞智子さん著『英語DE 茶の湯』。

c0325278_14075977.jpg

保科さんは、旧大名保科家の生まれで、
裏千家茶道をされているそうです。

茶道(ちゃどう)に興味のある外国のひとに
それを説明することは、
語学力+知識というダブルハンディがあり、
非常に難儀です。
参考にさせて頂こうと思います。

印象に残ったことは、外国人は一般的に
"Japanese tea ceremony"と、『茶の湯』のことを言いますが、
"The way of tea"と言うようにしていること。
茶の湯は宗教的な儀式(ceremony)ではなく、
人の道である事を示すそうです。

濃茶は thick tea
薄茶は thin tea
釜は kettle
茶碗は tea bowl
柄杓は bamboo Iadle
水差しは fresh water container

ほー。

きっと むちゃくちゃ高価でしょうが、英語で聞くと
そうとは思えない不思議。
バンブー・レードルなんて100均にありそう…。
国際化するお茶の世界は、脱権威の精神主義なのかな?
だったら、外国人枠で習いたいなー。
(ムリよね。でも、和のいけずはひたすら苦手なのです。)

茶道の精神『和敬静寂』『一期一会』の説明は、
相当難しいぞ。
日本語でもムリだぞ。

Harmony,Respect,Purity and Tranquility
a once-in-a-lifetime

そうなんですか。

『一座建立』は、
to build a seated-as-one experience
亭主も客も心をひとつに。

「なぜ?なんのために?」
と、外国人に聞かれたら、自分なら
「虚構の平和世界を作り、茶室を無限の宇宙と
するのです。」
なんて、インチキ宗教のような説明をしてしまうかも?
御本をちゃんと読まなくちゃ!




More
by Taseirap | 2018-09-29 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る