タグ:波佐見焼 ( 3 ) タグの人気記事

白い器の『一真窯(いっしんがま)』

白い器が特徴の『一真窯』さんへ。
白磁手彫が特徴です。

カンナを使って、器にさまざまな表情をつける。
私は、飛びカンナや手彫りなど、
カンナ仕事が好きです。

(あと、大工さんの墨打ち?
木板に糸でピシッと墨の直線を打つやつ。)

工房の道路を隔てた向かい側の
ギャラリー『とっとっと』にお邪魔。
(10:00-16:00)

c0325278_14571967.jpg

とても素敵です~。

c0325278_14580915.jpg

c0325278_14590021.jpg

c0325278_14592081.jpg

c0325278_14583497.jpg

飛び鉋(カンナ)に、染色を施した
『染色カンナ』が気になります。
新色の緑があったので、梨を食べる皿に購入。

c0325278_15000173.jpg

薄いので、食洗機は不可。

また、やはり買わずには立ち去れない
こちら。

ろうそくの光が、ぼんやり透けて見えます。

c0325278_15004243.jpg

次男のお茶碗には、青海波(せいがいは)。

c0325278_15023062.jpg

日本の伝統的吉祥文様ですが、ペルシャ由来なんですって。

私はずっと『青波(せいは)』と、思い込んでいました。
正しくは『青海波(せいがいは)』でした。

自宅でさっそく。

c0325278_15065350.jpg
頂き物の鳥取東郷町の二十世紀梨

激ウマ!


c0325278_15072450.jpg
長崎カステラ
福砂屋(ふくさや)のキューブ



よしよし。
邪魔にならず、うつくし。

工房の四割引も いとうれし。



☆『一真陶苑』
長崎県東彼杵郡(ひがしそのぎぐん)
波佐見町中尾郷670
TEL:0956-85-5305
9:00-17:00
www.issingama.com


by Taseirap | 2017-09-26 08:19 | 長崎県 | Comments(0)

中尾山の波佐見焼

波佐見焼の中尾山にやって来ました。

予備知識がほとんどありません。
駐車場は どこ?
とりあえず、てっぺんまで行きます。

(後で頂いたパンフレットに、公式サイト&アプリの紹介が!
『中尾山なび』で検索すれば、山の窯元のmapが出ます。)

駐車場は、各窯元にもあるそうですが、
Pの案内標識のあった交流館Pに
駐めてよかったみたいです。

c0325278_08080609.jpg
ここは、四季舎
『台風のため臨時休業』

交流館は後方の建物
すべての窯元の作品が揃っているそうです




現在の中尾山の波佐見焼は、
1644年に始まったそうです。
今は、8本の古い煙突と、世界最大の登り窯跡。
20を越える窯元。

大村藩の藩窯だった窯元から、
芸大を出た作家さんの窯まで、多彩。

『陶房 青』、『一真陶苑』、『筒山太一窯』、
『大新窯』…。

目移りしそうです。
(開店していたらば ね。)

c0325278_08085673.jpg

そもそも、波佐見焼は、
慶長3年(1598年)、文禄・慶長の役に参加した
大村藩主 大村喜前が、
朝鮮の陶工 李祐慶兄弟達を連れて帰り、
翌年の慶長4年、波佐見町村木の
畑ノ原、古皿屋、山似田の3か所に
連房式階段状 登窯を築いたのが始まりです。

波佐見焼といえば、染付と青磁が特徴的ですが、
村内で磁器の原料が発見されて、
大村藩の特産品となりました。

江戸後期には、染付の生産量日本一。

巨大な連房式登窯で生産をし、
手頃な価格で全国へ販売。
製造されるほとんどは日常食器で、
「くらわんか碗」
と呼ばれた、丈夫で壊れにくい製品でした。

※ 江戸時代に、枚方宿(大阪府枚方市)で、
水上の商売船から、
「酒くらわんか。飯くらわんか。」
と、降り売りしたそうです。

また、当時の外国人が、
お醤油や酒を自国へ持ち帰るのに
容器として使った『コンプラ瓶』も有名。
コンプラドール(仲買人)という
ポルトガル語が語源。

文豪トルストイは、コンプラ瓶を
書斎の一輪挿しに していたそうですよ。


今回初めて知ったことですが、
昔は、有田藩、大村藩、三川内藩と、
『薪炭材をめぐる激しい諍い』
が、長くあったそうです。

特に、3藩が接する幕の頭(まくのとう)という山では、
お互いに領地を侵して薪を盗みあい、
山のなかで乱闘、殺人も起きていたとか…。

今も、山頂には『三領石』という三角柱があります。
領地を明確化させるために 立てたそうです。


また、
"産地を明確に表示する法律ができる前は、
波佐見焼という名称は使わず、隣の有田焼に混ぜて
有田焼としても売られていた"
という話も聞きました。
(が、真偽は分かりません。)


c0325278_08100702.jpg

いつも想うのですが、
歴史には光と陰があります。

"後世に、ご先祖の素晴らしい話を伝えたい"
のは人情ですが、歴史も人文科学。
科学に嘘はだめだよね。

今風にストーリーを作らず、引かず足さず、
リアルを伝えてほしいと思います。


懸命に生きた当時の人の有り様は、
日本中、どこも ほぼご同様。
田んぼで稲を作るお百姓は、
水をめぐる血みどろの諍いがあった
と聞きます。

陶芸の里では、薪炭材を争ったというのは、
さもありなん。
非常に興味深い話です。


『400年間、陶器と生きた人が住む』
と思えば、
一見、どこにでもある山里の中尾山が、
なんだか凄く見えてきます。

c0325278_08093007.jpg




by Taseirap | 2017-09-25 07:30 | 長崎県 | Comments(0)

嵐の中、波佐見焼を求めて

宿を出ると、少し風が強くなってきた。

台風最接近の時間が近づくなか、
波佐見焼の街へ向かう。

途中、有田焼の街を通りかかる。
宿場街道のような細い道の左右に、
ずらりと陶器店が並ぶ。

きっちり 全店休業みたい。

雨を飛ばすワイパーの向こうに、
白く水煙が見える。
どしゃ降りちゅうやつの、
一歩前くらいね。
道にほとんど車もない。

けれど、波佐見焼きの里に近づく頃には、
小降りになってきた。

c0325278_20204165.jpg

台風が逸れてきているみたい。
ちょっと期待。

田んぼの畦道に彼岸花が咲き、
道路には、風に散らされた萩の花が
こぼれ落ちている。


さて、
まずは『白山陶器本社ショールーム』へ。
定価の30%OFFで買えるらしい。
でも今日は(日)。

はい、定休日でした!
残念。

以降、『台風のため臨時休業』の張り紙を
延々見るはめに…。

三連休のなか日の台風は、お店も痛いだろうな。

仕方ない。
中尾山に直に行こう。
20くらいの窯元・商社があるらしい。
(4割引きらしい。)

c0325278_20213050.jpg


山に着いたら、少し雨が上がる。




☆『白山陶器本社ショールーム』
長崎県東彼杵郡波佐見町湯無田郷1334 
TEL: 0956-85-3251
※来館特別割引。
(但し、対象外商品あり)
●駐車場 20台(無料)
●営業時間 9:00~16:00
●定休日 毎週日曜日 GW
夏季休業日・年末年始/他不定休あり




More
by Taseirap | 2017-09-24 08:36 | 長崎県 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る