タグ:災害 ( 16 ) タグの人気記事

夏をあきらめて

広島に出ていた警報は、昨日のうちに
注意報にかわりました。
でも、予断は許さないのが お天気。
今回は特に 九州北部の 佐賀県、福岡県、長崎県が
とても大変でした。
お見舞い申し上げます。

昨年、広島でも同様な災害がありましたが、
水が引いた後の泥は、コンクリートみたいで、
シャベルがたたないそうですね。
だから、急いで全部自分で片付けようとは思わないで。
順番に助けが来ます。
ただ、自分の望むタイミングや内容では
ないかもしれません。
それが苦しいところ。
思い通りにならないことが ストレスになり、
持久戦で果てしなく削られます。

それにしても、日本の自然の厳しさよ。
毎年何かしらあって、災害には頭が痛いことです。

c0325278_15003110.jpg

うちの近くの学校は、夏休みは今日で終わり。
昨日から学校が始まったところもあります。
プールにも雨が降っています。
『あ~あ、プールも終わりだな。
もう1回泳ぎたかったな。』
(全く泳いでないけれど)

軽く無念さが浮かぶ 夏の終わりです。



More
by Taseirap | 2019-08-29 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

災害時避難所用 段ボールベッド

初めて見ました!

c0325278_21381531.jpg

ニュースでしていたヤツですね。
すごい。良く考えてある。


c0325278_21402661.jpg

入り口に、名前や伝言板もあるんだね。

c0325278_21412108.jpg

なかなか丈夫そう。
天井も開くのか。
キャンプみたいです。
体育館での最低限のプライバシーは守れそう。

ファミリー用だから、一家でこれ?
大人ふたり、子どもふたりの四人用だそうです。
1人じゃないのね。
そうですか。
小さい子ども、大きい子ども。
お年寄りもいるでしょう。


c0325278_21430555.jpg

ごみ箱は…。
違う。トイレ。
わー、どうでしょう。
そうなんだ。
なかなかに厳しい。

心配のあまり調べたら、
上のトイレは、中にネコ砂や、紙おむつの高分子ポリマー、
無ければ新聞紙等を入れる。
使用後は、廃棄処理できるようになるまで、
どこかで保管するみたいです。
映画『オデッセイ』を思い出す。

災害が起きないことを祈りますが、
非常事態にめげないメンタルも必要かも知れません。
私は… ( ´~`) (´Д` )



広島県、梅雨明けしたそうです。
今年は29日間の梅雨でした。
楽しい夏休みになると良いですね 😺

by Taseirap | 2019-07-25 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

お見舞いをいただきました

宅配物が届きました。
昨年末にふるさと納税をさせてもらって、
今年お米を頂いた町から。

c0325278_20394020.jpg


『7月の災害があったから、今年は地元に
納税しなくちゃ。』
と、今年はよその自治体には
納税していません。

丁寧なお手紙と一緒に新米が五キロ。
ありがたいです。

『ふるさと納税詐欺か?』
と、一瞬疑ってしまって、すみません。
そちらのお米はおいしいから、またいつか
ふるさと納税させていただきます。

お見舞いを頂いたのは、人生初です。
むくむくとやる気が湧くのかと思ったら、
「そうなんです~。」
と、肩の力が抜けるものですね。
おかげさまで、気張らないで ボチボチ継続的にできそうです。
ありがとうございました。


by Taseirap | 2018-12-14 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

すごい風

うわー。
すごい風。

台風の進路からずれているはずの我が家。
でも、朝からずっと 風の音がなりやまない。
北の窓には雨が吹き付けている。
ベランダが水浸し。

皆さまのお住まいは いかがですか?
大事ないように、お祈りします。

明日はよいお天気だそうですが、
暴風雨のなかにいると、
簡単には信じられません。
(人生みたい。)

なにもできないときは、耐えるのみ
ということでしょうか。

(耐える、というか寝てました~!
50歳過ぎたら、長時間睡眠はできませんが、
細切れなら、際限なく寝られます。)



by Taseirap | 2018-09-30 17:51 | 日本からの便り | Comments(0)

草刈りとか

いい歳をして知らないことばかり。

団地に住む友人が、夏に自治会の草刈りが
あったそうで、ご主人様が出られたらしい。
ため池の回りを半分刈って、終わり。
残りの半分は、隣の自治会。
朝からお昼前までで、お弁当貰って帰ったそうだ。

若い時はなんともなかったけれど、
いまは相当疲れるらしい。
昼からは睡眠。

草の根が土を止めるので、根こそぎにしては
いけないらしい。
川の土手も、除草剤を使った堤の箇所がきれて、
決壊するそう…。
(今はヌートリアという敵も潜み、土手に穴をあけ
友人母の畑を荒らす。)

草刈りは、地域を守る作業だったみたい。
私は何も知らなかった。

近くの小学校は高台にあり、児童の通学路の
のり面は草。
やっぱり、夏が終わる頃、草刈りをされる。
業者さんがされていたから、公的な土地なのでしょう。
草刈りは、防災の技だったのですね。

他にも、砂防ダムについて。
あれは土砂がたまったら、適宜流すか 汲み出すか
するものだと思っていました。
作りっぱなしだそうですね。

いっぱいになったら… どうするのかしら?
また作るのかな?
昭和の頃に一気に全国に造って、
そろそろどこもリミットが近くなっているかも。
気をつけなくっちゃ!

それから、小銭の必要性。
『停電になったら、カード決済ができない』
までは、理解していたけれど、
『お店が万札を拒否する』
は、知らなかった。
お釣りが準備できないので、大きいお金では
商品を買えなくなるそうです。
小銭の備蓄が必要ですって。

私は、小銭が嫌いで、極力払いきっていました。
防災の逆に逆に進んでいたみたい。
『アリときりぎりす』の童話を思い出しました。

『車を置いて逃げるときは、鍵はかけずに。
車検証は持って逃げる。』
(盗難、転売ができないように)など、
今さらですが、防災・防犯ミニ知識を
読んだりしております。



by Taseirap | 2018-09-22 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

葉月になりました

期待を裏切り、先週と 同じくらい暑い今週。
風が少し通り、蝉の鳴き声が増えました。
雨が降ると鳴かない蝉。
じっと命を守っているのでしょう。

『メキシコのドゥランゴで、
アエロメヒコ航空の飛行機が落ちた。』
と、ニュースになっています

ドゥランゴ州Estado de Durango)は、メキシコ北部の州。

北部でチワワ州と、北東部でコアウイラ州と、南東部でサカテカス州と、南西部でナヤリット州と、西部でシナロア州と、それぞれ接している。

日本人が少ない印象ですが、心配です。

メキシコの人は、スペイン語で『メヒコ』と、
自国を呼びます。
『メキシコ』は、英語です。
『アエロ』は、『エアー(AIR)』ですね。


さて、今朝の新聞に
c0325278_10054102.jpg
JRの復旧計画


白市駅から広島駅の在来線は、8月21日から
暫定的部分運転や、代行バス運行が
あるみたい。

瀬野駅から広島駅は、8月18日再開。

再開は10月かと思っていました。
ありがとうございます。
皆さま、暑いなか大変でしょう。
気をつけてくださいね。





by Taseirap | 2018-08-01 10:30 | 日本からの便り | Comments(0)

断水解除のうれしさ

今回の災害により断水していた東広島市の
河内町中河内・下河内地区が、
7月19日朝から断水を解除に。

水道の利用に際しては、一番にトイレや
給湯器を使用すると不具合を起こす場合が
あるそうです。
まずは空気や異物を除去するため、
屋外の蛇口や洗面台、台所から
透明になるまで水を出すと良いみたい。

長かったですよね。
お疲れさまです。
でも、まだ断水が続くところもあります。

新幹線の東広島駅の夕方は、バス待ちの長蛇の列。
あれは大変です。
軽く20-30分待つらしい。
近くの駐車場を借りて通勤される人も。

それでも、
昨日から東広島駅↔西条駅だけではなく、
東広島駅↔西高屋駅、東広島駅↔八本松駅の
臨時バスも出たみたいで、見慣れぬバスが
たくさん走っています。


ところで、誰も降りない西条駅から
西条のフジグランあたりを巡る『のんバス』。
ついでにこの際、西条駅ではなく
東広島駅スタートで巡回する?

東広島駅↔運動公園↔広島大学↔ブールバール
↔西条駅↔375号線↔東広島駅
1時間はかかるかな。

(なーんて、国交省の許可が要るのよね。簡単ではありません。)

朝のニュースで、
『JR山陽本線の全線復旧は11月頃までかかる』と。
海田市↔瀬野は、来月中旬?。

c0325278_09244358.jpg

線路だけならまま早いかもしれないけれど、
山の崩れたところも整備しないと
雨の度にヒヤヒヤします。
でも、新幹線通勤とうぶん続くのか…。
駅へのお迎えも結構大変なんです。

暮らしが忙しい。








by Taseirap | 2018-07-19 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

高速道路を利用してみました

昨日、山陽自動車道の西条ICから広島東ICを利用しました。
利用車両は少なくて、渋滞は全くありません。
災害派遣の幕を張った自衛隊の車両を数台みました。

道路には砂が浮いていて、白っぽい。
途中途中に、土石流が流れた山肌があり、
塞がれたトンネルの復旧後の現場があり、
山中には、積み重なった土まみれの樹木があり…。

広島高速も通れました。

新しく何かを作るのも大変だけど、
メンテナンスも大事ですね。
無駄な費用のようにも思えるけれど、
機能を保持するのは簡単ではありません。

西日本の瀬戸内側は、冬場の除雪費用は
それほど要りません。
でも、雨による災害が起こる場所だったようです。

増水して破損した瀬野川ですが、
普段の水量は、そう多くはありません。
川岸は親水公園だったり、野鳥が泳いだり、
自然の護岸の部分があったり…。
良い感じの川なんです。
昔からの暮らしの楽しさが残るところが、
自然災害に襲われて、姿を変える残念さ。

地球温暖化は言われて久しく、遠くキリバス等を
気の毒に想っていました。
でも、私たちも同じだったみたい。

お買い物して帰ったコストコは平常通り。
ただ、そこここにお水を配置。
販売していました。
『お水はいくらでもある感』がうれしかったです。


今は部分的に迂回路を使わないと、
広島まで行けない国道2号線ですが、
7月21日(土)に復旧するそうです。

ありがとうございます!



by Taseirap | 2018-07-16 09:14 | 日本からの便り | Comments(0)

被災者心理なのかな?

今朝4時頃、消防車が何台も出動。
男性の声も聞こえる。
『注意が出ていた ため池が決壊したのかな?』
外の様子をみると、特に変化なし。
女性の声も聞こえる。
学生さんの飲み会帰りみたい。
ホッ。
●消防車、救急車に敏感になりました。

空をヘリコプターが舞う。
被災する瞬間を期待する禿鷹のように思える。
いやいや、被害状況を正確に把握するための
必要な飛行なのだ、と思い直す。
●上空の飛行は、あまりうれしいものではない。

c0325278_13415680.jpg
中心部は変わりなしです


今朝、山陽高速も復旧。
早さに驚く。
相当時間がかかると思っていたから。
●復旧がひたすら望まれる。

断水に悩む人からは、
「トイレには雨水を流してる。
でも、飲み水を汲みに行くのが大変。
お風呂に入りたい。」
広島は大雨の後、梅雨明けして30度を越える毎日。
じっとしていても暑い。
メキシコでは、水道水は飲めないから、
「ア、ボナフォーン。」と、
巨大ボトルで売りに来る人を待っていた。
いつも20リットル入り(だっけ?)を、
3本準備していた。
お風呂は湯温が低く、シャワーで10分が限界だった。
お湯がふんだんに使える日本の暮らしに憧れた。
●水は、命。

西条盆地の周囲の山の、崩れたところから見える赤土。
あかつちお山に木を植えて、よしよしと
思っていたけれど、次のステップがいるみたいです。
●防災計画に、にわかに興味をもつ。

c0325278_13405813.jpg

ニュース番組で、被災関連情報は知りたいけれど、
そればかりだと辛くなる。
明るい番組を見ようとするが、お笑いではない。
映画とかドラマが気楽かも。
●現実直視と現実逃避を繰り返す。



私は全く被災していません。
でも、悲しい気持ち。





by Taseirap | 2018-07-14 15:00 | 日本からの便り | Comments(0)

正常性バイアス

正常性バイアス(normalcy bias)とは、
心理学用語だそうです。ネットによりますと
"社会心理学や災害心理学だけでなく、
医療用語でもある。
人間が予期しない事態に対峙したとき、
「ありえない」
という先入観や偏見(バイアス)が働き、
物事を正常の範囲だと自動的に認識する
心の働き(メカニズム)を指す"そうです。

『ウソだ!悪い夢をみてるんだ!』的なアレだろうか?
バイアスかかって、よじれて斜めから見るわけね。

"何か起こるたびに反応していると
精神的に疲れてしまうので、
人間にはストレスを回避するために自然と
“脳”が働き、“心”の平安を守る作用が備わっている。
ところが、この防御作用ともいえる
「正常性バイアス」が度を越すと、
事は深刻な状況に……。
つまり、一刻も早くその場を立ち去らなければならない
非常事態であるにもかかわらず、
“脳”の防御作用(=正常性バイアス)によって
その認識が妨げられ、結果、生命の危険に
さらされる状況を招きかねない。"

逃げ遅れの心理が「正常性バイアス」。
迅速な避難行動が取れない要因。

"過去の事例からも、
地震、洪水、火災などに直面した際、
自分の身を守るために迅速に行動できる人は、
驚くほど少なかった。"
ですって。
(ある論文では、的確に動いた人は10-15%。)

外国の映画で、逃げるときに
「MOVE、MOVE!」
って声かけてるシーンがありました。
「逃げろ!」と言われると
『何から?どこへ?どうやって?』
と、パニックになりそうだから、
「動け!」
と、凍りついた自分を解凍しても良いかも。

と、今は言えます。今はね。

地震の時には、そこそこ冷静そうに見えても、
実際は何もしてない自分。
とっさに逃げられるのは、火事かな?
いえ、あれも自信ない。
水害となると、難易度が高くなる。
放送車の声、窓閉めてると聞こえしません。
サイレンさえも雨音に消されるらしい。
ふーう。

正常性バイアスに、異常事態バイアスをかけて
007になった気持ちで MOVE!
沈みゆく船と運命を共にする艦長ではなく、
『ダイハード』のヒーローを目指す!
(… そんなんできます~?)
訓練あるのみかなぁ。

話はかわりますが、
RCCのテレビで水害に合った"後"の生活について
紹介されていました。
家を乾かす 1-2か月。扇風機有効。
とか、知らないことばかり。












by Taseirap | 2018-07-12 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る