タグ:美術館 ( 2 ) タグの人気記事

滋賀県立現代美術館

『バーナード・リーチ展』を開催中と聞いて
滋賀県立現代美術館に行って来ました。

c0325278_15364112.jpg

東京 駒場の日本民藝館の収蔵品が、多数展示されていました。

学芸員の人の作家や作品への捉え方により、
同じ作家でも受ける印象がガラッと変わります。

今回も、以前広島で見たバーナード・リーチではなく、
想像していたのとは 少し違う作品展でした。

広島では、民藝運動の柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司らと
一緒にバーナード・リーチがありました。
群像の中の異彩だったわけですが、
一人の人として彼をクローズアップすると…。

1887年(明治20年)香港生まれのイギリス人。
誕生と同時に母を失い、幼い頃は日本で暮らしたことも。

成人して若い日を再び日本に来たリーチ。
92歳の生涯で 東洋と西洋の融合という理想を追います。

単なる東洋趣味を越える 新しい美の創造は、
友人なくして追いきれない、途方もない夢だったと思います。

c0325278_16010635.jpg

現代美術館は、広大な敷地のなかにあります。


c0325278_16022121.jpg

c0325278_16024563.jpg





公園や図書館もありますので、子どもさんを連れて
涼みに来れますね。

現代美術館の常設展では、
滋賀県出身の画家の作品も数多く公開され、
なかでも『小倉遊亀(おぐら ゆき)』が素晴らしい。

105歳で亡くなられたそうですが、
その歩まれた長い人生とともに
美しい作品は心に響きます。


夏休み期間ということもあってか
作品解説が子ども目線で書かれてあり、
とても分かりやすいです。

学芸員さんの努力を感じました。




☆『滋賀県立現代美術館』
TEL:077-543-2111



by Taseirap | 2016-08-07 07:30 | 滋賀県 | Comments(0)

ロサンゼルス ゲッティセンター(Getty Center)

ロサンゼルスの大人気の美術館『ゲッティ センター』。
サンタモニカマウンテンの麓にあります。

c0325278_02071620.jpg
美術館からは、ロス市街地と海がみえる


住所は
1200 Getty Center Dr.
Los.Angeles

でも、ここをカーナビで設定してはNG。
高級住宅地ブレントウッドの間の細い道を上り、
やがて行き止まりになります。

ここの駐車場は麓の幹線道路沿いにあるので、
カーナビには
「N.Sepluveda Blvd.&Getty Center Dr.交差点」
と、入力。

その地点を目指して走っていくと、
近くになれば渋滞車線があります。
迷わずそこに並びます。

(一番右の車線は、通過する車のためにあけます。)

駐車場への入場のためにノロノロと進む車列の横を
「ファッ○ン ゲッティ ロード!!!」
と、叫びながら1台の車が走り去っていきました。
(はじめて聞いたな~、悪い言葉。)


c0325278_02083184.jpg
ようやく入り口がみえる

c0325278_02153353.jpg
高速の高架をくぐれば、駐車場の入口

c0325278_02170306.jpg
地下7階まであるパーキングは15ドル
キャンピングカーは入れません。
(入口右側に駐車してありました)

c0325278_02195623.jpg
ここからはトラム(無料)

c0325278_02230685.jpg
わくわく♡

c0325278_02241577.jpg
トラムから I-405と遥かにはダウンタウンの眺め


c0325278_02462668.jpg
エントランスホールへ着きます



この建物は、世界で最も有名な建築家の一人、
リチャード・マイヤー(1934年~)の建築です。

イタリアから取り寄せた多層大理石
(トラバティン)
を使ったモダン建築。

ゲッティセンター全体は、
13年の歳月と約10億ドルをかけて
110エーカーの土地に作られています。

使われている資材と空間の構成は秀逸です。

でも、ふと何かに似ている気がしたので、
主人と考えましたら
”日本のお金持ちの大学”。

(お金持ちの大学が、この人のスタイルの
真似をしているのかもしれません。)


J.ポール・ゲッティ美術館は、
5つのパビリオンとホールで
構成されています。
庭園も美しくレストランやカフェもあります。
芝生に寝転んで一日中遊べそうです。

夕方にも続々と入場車列ができていたので、
夕焼け目当てかも知れません。

食いしん坊ですから、
遅めの昼を『The Restaurant』で

c0325278_02314426.jpg
ワインはナパ・バレーのもの

c0325278_02335755.jpg
じゃがいもの温製スープ

c0325278_02350121.jpg
カキフライ

c0325278_02361035.jpg
ブイヤベース

c0325278_02371223.jpg
ショートリブのステーキ

お腹がいっぱいになったら、
特別展のレンブラントやあれこれを見学。

c0325278_02410292.jpg
ロココの収集品の展示もすてきでした



c0325278_02424380.jpg
中央庭園はロバート・アーウィン作
「庭の形をとった、芸術たるべき彫刻」


J.ポール・ゲッティさんは、世界の大富豪。
弁護士だった父が石油を掘り当て、
息子の自分も石油を掘り当て、会社を経営。

父の遺産と企業経営で莫大な財産を
築き上げたそうです。

膨大な収集品はとても趣味が良く、
館内は入場料も要りません。
機会があれば、もう一度訪れたい美術館です。

次は、レストランで小さい女の子が
美味しそうに食べていた
フレンチフライにとろけるチーズか何か
かかったものにしようかな~。

・・・「食べるために行く」つもりですね。





ところで、
米国の子どもさん、レストランで時々
"フレンチフライだけ"
食べているのを見かけます。
野菜を食べているという認識なのでしょうか?

健康にどうなのかな?

・・・まあ、日本人が
"うどんとおむすび"(炭水化物W)を
食べるのと一緒ですね。

いっか(笑)














by Taseirap | 2015-01-16 07:36 | ロサンゼルス | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧