タグ:醤油 ( 3 ) タグの人気記事

醤(ひしお)の郷

醤(ひしお)の郷
ひしお・ひじおとは、塩を加えて発酵させた塩蔵品の総称。
小豆島は、400年の歴史をもつ醤油の日本4大産地の一つ。
江戸時代には約400軒の醤油醸造所があったそうです。

しょうゆ、佃煮工場が軒を連ねる小豆島の内海湾沿岸。
ひしおの郷と呼ばれて、見どころのひとつになっています。

お出かけmapを載せようかと思いましたが、現地にいくらでも
詳しく分かりやすいものがあります。
どうぞ、ホテルやお店などでゲットなさってください。


c0325278_12512845.jpg
マルキン醤油

c0325278_12522458.jpg
醤油蔵

c0325278_12532067.jpg
近代化産業遺産に認定


あたりはしょうゆの香りがします。
お散歩していると、
c0325278_12542533.jpg
アイリス

c0325278_12561373.jpg
どうもつかえそうにない郵便ポスト


c0325278_12564983.jpg
小豆島で一番人気のお宿『真里』


くるっと回って、またマルキン醤油に戻って


c0325278_12574229.jpg
マルキン物産館でしょうゆソフトクリーム



島のお醤油蔵(醸造所)は、
島醸、丸島醤油、山善醤油、ヤマヒサ、ヤマロク醤油、タケサン、
高橋商店、金両、金大醤油、ヤマサン醤油、坂下醤油、正金醤油、
盛田
と、13か所あります。

佃煮工場は7軒。
そうめん屋(島の光)も。

ちょっぴり高血圧が心配な豊かなひしお文化です。




by Taseirap | 2015-08-13 07:30 | 島への旅 | Comments(0)

小豆島 『ヤマロク醤油』

小豆島に来た目的は、ヤマロク醤油を訪れること。
http://yama-roku.net/
今なお,木桶(Kioke)で醤油(Soy-sauce)をつくる醤油屋さんです。

c0325278_12283568.jpg
大きな木桶がお出迎え


予約しなくても人数が集まれば、蔵を案内していただけます。

ただし、ご存知のように、醤油は蔵に住みつく微生物(酵母菌と乳酸菌)
の働きで大豆と麹と塩水が発酵してできます。
納豆菌は強い菌なので、朝ごはんに納豆を食べないでおでかけください。
(日本酒の酒蔵見学の時と同じですね。)

c0325278_12105000.jpg
静かな蔵を開けると

c0325278_12112786.jpg
年期の入った木桶

c0325278_12125461.jpg
2年もしくは4年半かけて仕上がります


"Soy sauce","bean paste","vinegar","mirin"and"sake" are the basic seasonings of Japanese meal.
There are brewed by Kioke木桶(Barrel) till the Edo-period.400years before
These seasonings are made by the fermentation of a microbe.
The microbe which makes a delicious fermented seasoning settles in barrel in large numbers,
although hardly settles in a metal tank.

いただいたリーフレットからの転記です。
木桶はつくる人が少なくなって、今は一軒だけだとか・・・。
150年はもつそうです。
木桶がなくなると、木桶で仕込む醤油も作れなくなります。

c0325278_12293761.jpg
お庭のテーブルで

c0325278_12350098.jpg
冷奴

c0325278_12343894.jpg
アイスクリーム



お醤油をかけていただきました。
ふつうに買うお醤油とはかなり違う、風味のある味でした。
なめたら角のとれた柔らかさ。
食材にかけると意外な野趣。

c0325278_12412267.jpg
”ひしお”と読むそうです




☆ヤマロク醤油
住所: 〒761-4411 香川県小豆郡小豆島町Yasuda, 甲1607
電話:0879-82-0666
営業時間:
9時―17時






by Taseirap | 2015-08-12 07:30 | 島への旅 | Comments(0)

山口 柳井 白壁の街 (Yanai Yamaguchi)

山口県、白壁の街 柳井。
歴史のある街です。


c0325278_18481144.jpg
軒下に金魚の提灯


c0325278_18492041.jpg
白壁 犬やらい 国森家住宅


街並みに、よく建物が残っています。

古い建物は、一軒、二軒残っていても、
なかなか街並みとはならないけれど、
これくらいまとまってあれば、観光地として
すごく人気になってもよさそう・・・。

(それなのに、なぜか人影がまばら。
日曜日はお休みなのかな?)

国森家は、18世紀後半に建てられたそうで、
江戸時代中期の豪商の家。
国の重要文化財です。


c0325278_18505975.jpg
元は油問屋



c0325278_18521749.jpg
お座敷


c0325278_18524827.jpg
奥の座敷

c0325278_18533015.jpg
そして、裏庭


c0325278_18540376.jpg
お2階も見学できます


わたしに
ちからが ないから
みんな佛さまが
手つだってくれる



柳井は、古くから商業が栄えた街。
問屋筋の裏手には、川(運河)。
ここから、沖の船まで小舟で荷が出たのでしょう。




c0325278_18544791.jpg
常夜灯



お土産で有名なのは、お醤油。
お刺身用に人気です。
とろっとしていて少し甘い。


c0325278_18583937.jpg
甘露しょうゆ ㈱佐川醤油店


8月の1日と8日(土曜日)には夜市。
13日(木曜日)は、
柳井金魚ちょうちん祭りがあるそうです。

http://www.city-yanai.jp/site/kanko/kingyomatsuri-topics.html

のんびり和の情緒にひたりたい時には、
おいでませやまぐちへ。













by Taseirap | 2015-07-02 07:30 | 山口県 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る